青葉区版 掲載号:2020年6月4日号 エリアトップへ

横浜総合病院 「地域医療を守りたい」 コロナ禍で独自PCR検査

社会

掲載号:2020年6月4日号

  • LINE
  • hatena
病院入口では検温を実施
病院入口では検温を実施

 今回のコロナ禍で神奈川県の「重点医療機関協力病院」として回復期の新型コロナウイルス陽性患者などを受け入れてきた「横浜総合病院」=鉄町。一般病棟の1棟をコロナ対応の専用病棟に切り替え、独自にPCR検査ができる発熱外来を設置するなど準備を進めた同院の取り組みを平元周院長に聞いた。

 二次救急拠点病院として、コロナ禍でも救急搬送の患者を受け入れてきた同院。4月には脳梗塞で搬送された救急患者の新型コロナ感染が判明し、治療にあたった医師や看護師ら13人が濃厚接触者として自宅待機に。集中治療室も約2週間閉鎖し、救急患者の受け入れができなくなった。

 医療従事者の感染は確認されなかったが、これを受けて同院では一般病棟の1棟をコロナ対応の専門病棟に切り替えた。「地域の基幹病院として、救急患者の受入制限はしたくなかった。しかし、院内感染は絶対に防がなくてはならないので専門病棟を用意したが、問題はPCR検査がなかなかできなかったこと」と平元院長。陽性、陰性の判別が早くできなければ同病棟内での感染も起こりうる。そこで、行政と相談し、保健所を通さずに検査ができるよう民間の検査会社と契約。その後、臨床検査技師や医師の発案で院内で独自に検査できる準備を進め、敷地内のテントでの発熱外来を5月11日から開始した。「自分たちも感染の不安があるにもかかわらず、献身的に取り組んでくれたスタッフには本当に感謝したい」

 5月末には横浜市のPCR検査も始まり、同院の検査ニーズは落ち着いてきた。しかし、専用病棟の維持など病院経営としては億単位のマイナスが出ているという。国の補償も不透明な中で、感染第2波への不安もある。「第2波が来れば再び全力で対応するが、基幹病院として新型コロナ以外の患者さんもしっかり守っていきたい」

 同院は発熱外来を6月中旬まで継続する。地域のクリニックの紹介や、電話予約すれば直接の来院も可。医師が問診し、必要と判断されればPCR検査を受けられる。

個別指導塾「マイジャイロ」

工学博士考案の最強の勉強法「自立学習法」を身につける

https://www.mygyro1985.com/

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6

市民大会で優勝

イトゥアーノFC横浜

市民大会で優勝 スポーツ

シーズン最後に有終の美

2月25日号

「総合支援拠点」10区に設置

横浜市児童虐待対策

「総合支援拠点」10区に設置 社会

相談対応など強化へ

2月25日号

集団か個別 選択・予約へ

【Web限定記事】横浜市ワクチン接種

集団か個別 選択・予約へ 社会

各区の会場を発表

2月18日号

ゆるキャラで最優秀賞

青葉区在住dokukinokoさん

ゆるキャラで最優秀賞 社会

【Web限定記事】いじめ・自殺防止コンテスト

2月18日号

市特定健診 受診率が低迷

市特定健診 受診率が低迷 社会

新型コロナで控え顕著に

2月11日号

フォトブックで街の魅力PR

青葉区

フォトブックで街の魅力PR 社会

「移住検討のきっかけに」

2月11日号

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

母子家庭ほか食料支援

【Web限定記事】

母子家庭ほか食料支援

要事前申込で2月21日

2月21日~2月21日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • GIGAスクール構想の始動

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【13】

    GIGAスクール構想の始動

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    2月25日号

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第8回『目薬の上手な使い方を教えてください』

    2月25日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第11回「食育は生きる力の基礎を養います」

    2月25日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク