青葉区版 掲載号:2020年7月16日号 エリアトップへ

市民協働推進センター 横浜新市庁舎に開業 地域団体などの活動拠点に

社会

掲載号:2020年7月16日号

  • LINE
  • hatena
センターの運営責任者の関尾さん(右から2人目)とスタッフ、市の担当者
センターの運営責任者の関尾さん(右から2人目)とスタッフ、市の担当者

 横浜市市民協働推進センターが6月末、市新庁舎1階に開業した。組織の垣根を越えた協働プロジェクトを立ち上げ、地域課題を解決に導く拠点。現在、団体登録を受付中だ。

 同センターは3月で事業を終了した横浜市市民活動支援センター=中区桜木町=から名称を変更し新たにスタート。地域団体・NPO・企業・大学・行政など「横浜をより良くしたい」と活動する組織が課題やテーマに合わせ、組織間のコーディネートや協働する活動を支援する役割を持つ。運営は市民セクターよこはま・関内イノベーションイニシアティブ共同事業体と市が担う。

より身近に

 事業スペースは2つに分かれており、総合相談窓口や協働プロジェクトに関する打ち合わせで利用できる協働ラボと、セミナーやイベントの催しで活用できるスペースA/Bがある。同センターの責任者を務める関尾潤さんは「1階にあるので人通りも多く、開放的な造りで何をしているのか覗きに来てくれる人もいる。多くの立場の人が交わりやすい環境を生かしていきたい」と話す。

 協働ラボは関尾さんをはじめ、市内のNPO代表などの協働コーディネーターが在籍。多様な地域課題の解決や協働事業の提案に対して他の組織とのコーディネートなどに向けたプロセスを一緒にデザインすることで協働プロジェクトの立ち上げを支援する。

関係づくりに注力

 今後は市内で活動する組織との関係づくりに注力する。「多くの組織とのネットワークを持つことが協働を進める基盤となる」と関尾さん。新型コロナウイルス感染症対策で市民活動にも影響がでているが「あらゆる情報発信手段を用いてセンターの稼働を加速させていきたい」と意気込みを話す。協働ラボやイベントスペースを利用するには、団体登録が必要で同センターのウェブサイトから申し込みができる。

団体登録はQRから
団体登録はQRから

個別指導塾「マイジャイロ」

工学博士考案の最強の勉強法「自立学習法」を身につける

https://www.mygyro1985.com/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6

「震災はまだ終わってない」

「震災はまだ終わってない」 社会

青葉区在住 伊藤まりさん(61)

2月25日号

あおば支援学校に雛飾り

あおば支援学校に雛飾り 文化

鉄町・坂田さん夫妻が寄贈

2月25日号

産後のセルフケアを学ぶ

産後のセルフケアを学ぶ 文化

アートフォーラムあざみ野

2月25日号

糖尿病と歯周病に要注意

糖尿病と歯周病に要注意 社会

3師会がポスターでPR

2月25日号

読者3人にプレゼント

「勿忘」収録CDアルバム

読者3人にプレゼント 文化

オーサムシティクラブ

2月25日号

ノアが横浜武道館に

ノアが横浜武道館に スポーツ

3月7日、タイトル戦も

2月25日号

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

母子家庭ほか食料支援

【Web限定記事】

母子家庭ほか食料支援

要事前申込で2月21日

2月21日~2月21日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • GIGAスクール構想の始動

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【13】

    GIGAスクール構想の始動

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    2月25日号

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第8回『目薬の上手な使い方を教えてください』

    2月25日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第11回「食育は生きる力の基礎を養います」

    2月25日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク