青葉区版 掲載号:2020年7月16日号 エリアトップへ

虐待 LINEで相談 横浜市 7月から導入

社会

掲載号:2020年7月16日号

  • LINE
  • hatena
友だち追加できるLINEのQRコード
友だち追加できるLINEのQRコード

 横浜市は新型コロナウイルス感染拡大の影響で潜在化が危惧される児童虐待の防止策として「かながわ子ども家庭110番相談LINE」を7月1日から開始した。LINEを活用した相談窓口で、メッセージを送ると相談員からアドバイスが返ってくる。

 このサービスは神奈川県が昨年10月から始めたもの。横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市は県とは別に独自の児童相談所を持っていることなどから、2021年度からの導入を検討していた。しかし、長い自粛生活で親子関係の悩みなどに対応する相談体制の強化が求められると考え、前倒しでLINE相談を取り入れることにした。

 児童虐待のリスクが懸念された今年4〜5月、横浜市内の児童虐待相談受付件数は前年より減少した。だが、休校などで学校や保育所からの相談が減少したためで、市は実態把握が困難な状況が続いたことによる虐待の潜在化を危惧している。

 全国的に児童虐待の相談対応件数は年々増加しており、横浜市でも2019年度は全体で1万998件と、前年度比で1393件の増加となっている。

子育て世代の救世主

 休校期間中、子どもがずっと家にいることによるストレスで手をあげそうになったという保護者からの相談や、両親が共働きで低学年の子が1人で家にいるのをネグレクトではないかと心配する相談も行政にあった。市の担当者は「LINEで子育て世代の悩みを円滑に聞き、虐待防止が期待できる」としている。

 利用対象は県内在住の子どもと保護者。受付時間は月曜〜土曜の午前9時から午後8時まで(年末年始除く)。児童虐待、子育ての不安などの相談を受け付けている。

個別指導塾「マイジャイロ」

工学博士考案の最強の勉強法「自立学習法」を身につける

https://www.mygyro1985.com/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6

「震災はまだ終わってない」

「震災はまだ終わってない」 社会

青葉区在住 伊藤まりさん(61)

2月25日号

あおば支援学校に雛飾り

あおば支援学校に雛飾り 文化

鉄町・坂田さん夫妻が寄贈

2月25日号

産後のセルフケアを学ぶ

産後のセルフケアを学ぶ 文化

アートフォーラムあざみ野

2月25日号

糖尿病と歯周病に要注意

糖尿病と歯周病に要注意 社会

3師会がポスターでPR

2月25日号

読者3人にプレゼント

「勿忘」収録CDアルバム

読者3人にプレゼント 文化

オーサムシティクラブ

2月25日号

ノアが横浜武道館に

ノアが横浜武道館に スポーツ

3月7日、タイトル戦も

2月25日号

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

母子家庭ほか食料支援

【Web限定記事】

母子家庭ほか食料支援

要事前申込で2月21日

2月21日~2月21日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • GIGAスクール構想の始動

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【13】

    GIGAスクール構想の始動

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    2月25日号

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第8回『目薬の上手な使い方を教えてください』

    2月25日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第11回「食育は生きる力の基礎を養います」

    2月25日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク