青葉区版 掲載号:2020年7月16日号 エリアトップへ

横浜市 成人式オンラインで開催 政令市初、対象3万人超

社会

掲載号:2020年7月16日号

  • LINE
  • hatena
例年多くの新成人で賑わう会場
例年多くの新成人で賑わう会場

 横浜市は6日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、来年の「成人の日」を祝うつどいをWEB上で行うオンライン開催にすると発表した。政令市初の試みに、新成人を迎える市民や着付店からは戸惑いの声が上がっている。市担当者は「オンラインならではの企画を検討中」と話す。



※記事内容は7月6日の横浜市教育委員会の発表を受けてのもの。市教委は7月15日、成人式のオンライン化を撤回し、会場実施の検討を発表した。詳細は検討中(7月15日現在)

 市の「成人の日」を祝うつどいは例年横浜アリーナで開催され、毎年平均2万5千人が参加する。市によると、来年(2021年)の対象者は約3万7千人、青葉区内は3762人に上る(4月8日時点)。

 オンライン成人式の開催にあたり、市は専用の特設サイトを開設する予定。市にゆかりのある著名人のお祝いメッセージ動画、新成人や市民に写真やコメントを投稿してもらう等の企画を検討しており、具体的内容は12月中旬までに発表する。

 来年新成人を迎える青葉区在住の女子学生は「悲しい。みんなに会いたかった」と、急な決定に戸惑いを隠せない。友人らも「成人式後の同窓会もできないのではないか」、「(振袖を着た)前撮りが終わっているので、もう着られないのは残念」と漏らしているという。女子学生の母親は「娘の気持ちや振袖代などを考えると心配」としつつ、「これから式のあり方自体が変わってくるのではないか」と話す。

 横浜アリーナ近くで成人式向けの振袖貸出しなどを行う「ふりそでシミズ新横浜店」の管理担当部長、佐藤昭男さんも今回の決定に驚く一人。佐藤さんによると、着付けの心配やキャンセルの問合せの電話が現時点で200件ほど入っているという。「普通ではありえない状況。ご本人、親御さんが一番ショックと思う。お気持ちに寄り添い、少しでも良い状態で思い出が作れるようにしてあげたい」と語る。

 市教委の担当者は「何とか開催したかったが安全を鑑みて断念した。オンラインならではの取組みで参加してよかったと感じてもらえるよう努力していきたい」と話す。

青葉区版のトップニュース最新6

子ども支援4団体に寄付

区内ロータリークラブ

子ども支援4団体に寄付 社会

「コロナ禍を乗り越えて」

6月10日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 社会

7月利用分から1割増

6月10日号

コロナで販路減り苦境に

横浜市内障害者施設

コロナで販路減り苦境に 経済

仲介組織が下支え

6月3日号

1都7県の頂点に

鼓粋ジュニア部

1都7県の頂点に 文化

8月、和太鼓の全国大会へ

6月3日号

「青葉区スポーツ協会」に

「青葉区スポーツ協会」に スポーツ

体協から名称変更

5月27日号

特例貸付 5.8万件に

特例貸付 5.8万件に 経済

コロナ禍 市内の申請増加

5月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

育児夫婦のすれ違いなぜ

育児夫婦のすれ違いなぜ

笑い、涙ありのトーク会

6月26日~6月26日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter