青葉区版 掲載号:2020年7月23日号 エリアトップへ

(PR)

医療レポート【5】 血便=(イコール)痔とは限らない 便に血が混じったら早めの検査を

掲載号:2020年7月23日号

  • LINE
  • hatena

 「苦しくなく、痛みに配慮した内視鏡検査」がモットーの「たまプラーザ南口胃腸内科クリニック」。今回は同院の東瑞智(あずま みずとも)医師に、血便に潜む大きな病気のリスクについて聞いた。

 「血便の場合、最初に血が何色だったかお聞きします。血は鉄分を含むため出血して時間が経つと酸化して黒くなります。赤い血であれば肛門から出血した痔の可能性が高いですが、赤黒いもしくは黒ければ胃や十二指腸からの出血を疑います」。痔でない場合に怖いのが大きな病気が潜んでいること。「もちろん一番怖いのは大腸がん。そのほか若い人だと潰瘍性大腸炎、女性や高齢者では虚血性腸炎など様々な可能性があります」

 検診で行われる便潜血も100%信頼できるものではないという。「便潜血はあくまで便に含まれる微量な血液を調べるもので、陰性でも大腸がんの場合があります。大切なのは自身の大腸のリスクを把握すること。そのためにも、30歳を過ぎたら定期的な検査をお勧めします」

 定期的に受けるためにも痛くない検査を選びたいもの。同院は大学病院と同等の設備を備え、専門医の確かな技術で負担も少なく検査を受けられる。「血便症状のほか、長く続く下痢、持続する腹痛などの症状があれば早めにご相談ください」

たまプラーザ南口胃腸内科クリニック

横浜市青葉区新石川3-14-12

TEL:045-914-7666

http://www.tamapla-ichounaika.com/

青葉区版のピックアップ(PR)最新6

「真心」込めた人形供養祭

メモリアルアートの大野屋 6月26日

「真心」込めた人形供養祭

現在、予約受付中 5月28日から受け入れ

5月19日号

デジタル活用の重要性【1】

デジタル活用の重要性【1】

宮崎台やすい矯正歯科クリニック

5月19日号

寝姿勢で胃酸の逆流症状が改善?

医療レポート㉕睡眠時に感じる胸やけ

寝姿勢で胃酸の逆流症状が改善?

5月19日号

高齢者住宅の選び方、初めの一歩

東急不動産HDグループの高級シニア住宅「グランクレールあざみ野」

高齢者住宅の選び方、初めの一歩

 入居検討中または家族向け無料セミナー 25日に4組限定

5月19日号

跡継ぎなくても大丈夫

跡継ぎなくても大丈夫

ふたりでずっと一緒に・ハーブ葬墓地

5月19日号

成婚「一年以内」目標に

成婚「一年以内」目標に

川崎生田相談室だからできる

5月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「保険診療で行える、  多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」 コラム【10】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    5月12日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook