青葉区版 掲載号:2020年7月23日号 エリアトップへ

住宅確保給付金 家賃補助申請 市内で急増  3カ月で昨年対比10倍

社会

掲載号:2020年7月23日号

  • LINE
  • hatena

 離職など経済的に困窮し、住居の維持が難しい人を対象に家賃相当額を条件つきで補助する「住居確保給付金」が川崎市で急増している。

 2020年4月から7月10日までの申請件数は2136件、支給決定件数は1720件となった。昨年度1年間の申請件数190件、支給決定件数158件と比べ、3カ月間で昨年1年間の10倍以上となっている。

 申請件数の増加はコロナ禍のため受給要件が緩和されたことに加え、経済環境の悪化を明らかにした。申請についての問合せ以外に、「不安定な就労環境のため、転職したい」「コロナで失業。家賃の支払いが滞り、退去を迫られている」など具体的な内容の相談も多いという。

 この給付金制度は、生活困窮者自立支援法に基づき行われている制度で、原則3カ月間支給される。最長で9カ月間。支給対象者は離職、廃業後2年以内、または個人の責任、都合によらず給与などが減少し、離職や廃業と同程度の状況にある人。外国人も対象。

 川崎市自立支援室は生活、就労にとって”住居”の大切さを改めて強調し、「住む場所があることで落ち着いて就労・就職活動ができる。失う前に相談してほしい」と話す。この給付金制度は住居に関してのみ対象だが生活に困り、当座の資金が必要な場合は「社会福祉協議会が窓口になっている『緊急小口資金特例貸付』を利用してほしい」と同支援室は呼び掛けている。

 川崎市住居確保給付金については「だいJOB(じょぶ)センター」同給付金専用ダイヤル【フリーダイヤル】0120・130・620。小口貸付は各区の社会福祉協議会へ。

青葉区版のローカルニュース最新6

新型コロナ陽性者 1週間で161人増

【Web限定記事】6月10日〜6月16日

新型コロナ陽性者 1週間で161人増 社会

青葉区状況 

6月23日号

下市ケ尾でウオーキング

下市ケ尾でウオーキング 社会

地元住民がコース考案

6月23日号

リユース食器でごみ削減

リユース食器でごみ削減 社会

Waveよこはま

6月23日号

ミツバチの生態学ぶ

青葉台小4年

ミツバチの生態学ぶ 教育

郵便局で見学

6月23日号

寺家でマルシェ

寺家でマルシェ 社会

6月30日

6月23日号

ヘルスメイト食育パネル展

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 学校から見た運動部の地域移行

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」㉑

    学校から見た運動部の地域移行

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    6月23日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook