青葉区版 掲載号:2020年8月27日号 エリアトップへ

星槎グループ小中高生 JAXA・川口氏らが授業 宇宙テーマに学び深める

教育

掲載号:2020年8月27日号

  • LINE
  • hatena
オンラインで会場をつなぎ、実施
オンラインで会場をつなぎ、実施

 星槎学園中高等部北斗校=緑区=で8月7日・8日、「星宙(ほしそら)の実り特別授業」が行われた。同校を含む中学、高校、大学などを運営する一般社団法人星槎グループは3年前からグループ全体で宇宙に関する授業に力を入れており、昨年には宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙教育センターと連携協定を結んでいる。今回はさらに学びを深めてもらおうと、第一線で活躍する東京工業大学の中川麻悠子氏と黒川宏之氏、JAXAシニアフェローの川口淳一郎氏を講師に招き、授業を実施。北斗校の会場と、全国の星槎グループ約15校をオンラインでつなぎ、両日ともに小中高生ら約200人が参加した。

 8日に講師を務めた川口氏は、世界で初めて小惑星に着陸してサンプルを持ち帰った小惑星探査機「はやぶさ」のプロジェクトマネージャーを務めた宇宙工学者。「やれる理由こそが着想を生む〜はやぶさ式思考法」と題したテーマで、高校生らを前に宇宙開発の歴史を語ったほか、未知のことに挑戦していく姿勢を講演。「やれる理由を見つけて挑戦しない限り成果は得られない」と参加者たちに伝えていた。最後には質疑応答もあり「発想の着眼点は」と聞かれると「解決しなければいけないことを考え、それを意識し続けること」と語っていた。

 参加した今井直輝さん(高2)は「今日の授業をとても楽しみにしていた。『はやぶさ』の歴史を直に聞けて良かった」と語していた。

生徒たちに授業を行う川口氏
生徒たちに授業を行う川口氏

青葉区版のローカルニュース最新6

「透明な街」テーマに個展

市民ギャラリー

「透明な街」テーマに個展 文化

服部篤浩さん

10月22日号

認知症を語り合う

認知症を語り合う 社会

27日にオンラインカフェ

10月22日号

手紙の書き方、学ぶ

美しが丘西小

手紙の書き方、学ぶ 教育

郵便局長が授業

10月22日号

23日から飲食店で販売

23日から飲食店で販売 社会

区内産小麦のあおばビール

10月22日号

地図片手にアトリエ散策

地図片手にアトリエ散策 文化

あすから「寺家回廊」

10月22日号

青葉区コロナ患者 10人増

【Web限定記事】

青葉区コロナ患者 10人増 社会

市内2番の312人

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

マジック学ぶ2日間

マジック学ぶ2日間

藤が丘地区センター

11月4日~11月11日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 市、追加調査で準備進める

    〈連載【14】〉国の申請受付が延期に IRと横浜

    市、追加調査で準備進める 社会

    10月22日号

  • 求められる子どもの主体性(2)

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【10】

    求められる子どもの主体性(2)

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    10月15日号

  • 歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    「屋号 後編」

    10月15日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク