青葉区版 掲載号:2020年10月15日号 エリアトップへ

保育の方向性を共有 大学教授が講演

教育

掲載号:2020年10月15日号

  • LINE
  • hatena
講演する玉川大の大豆生田教授
講演する玉川大の大豆生田教授

 保育の方向性などを学ぶ市による講演会が9月24日、保土ケ谷公会堂で行われた。ビデオミーティングアプリを使ったオンラインでも配信し、約150人が参加した。

 講演会は、市が3月に策定した「よこはま☆保育・教育宣言」を知ってもらおうと開いたもの。この宣言は、市と横浜の保育・教育施設で働く職員が教育方針などの方向性を共有し、園によっての違いを少なくするために作られた指針。

 現在、市内には1千を超える保育園や幼稚園がある。運営方針はさまざまで、その違いに困惑する園の職員や保護者も少なくないという。

 講演会の講師には玉川大学で乳幼児発達学を教える大豆生田(おおまめうだ)啓友教授が招かれ、教育現場の実情を説明した上で課題解決方法を発表。子ども一人ひとりの良さを発見する姿勢や職場のコミュニケーションを円滑にするなどの共通項を説いた。

個性そのままで

 事業を担当する市こども青少年局の職員は「指導の方向性をある程度そろえる一方、各園の個性は残してほしい」と話す。講演会に参加した40代の保育士は「子どもや保護者に信頼してもらえる環境づくりを進めるためには、園の特徴を守りつつ、指導を統一する両方が大切だと感じた」と振り返った。

青葉区版のローカルニュース最新6

定演、横浜・川崎の3会場で

神奈川フィル

定演、横浜・川崎の3会場で 文化

常 任指揮者 川瀬氏、最後の1年に

10月15日号

マスク4千枚を寄贈

桐蔭横浜大

マスク4千枚を寄贈 スポーツ

青葉区サッカー協会に

10月15日号

体操で心と体をほぐす

たまプラーザ地域ケアプラザ

体操で心と体をほぐす 社会

講座が徐々に再開

10月15日号

「オールトヨタ」で献血支援

「オールトヨタ」で献血支援 社会

県内各社 9月に480人分

10月15日号

緒形拳さんの活躍一堂に

横浜市歴史博物館

緒形拳さんの活躍一堂に 文化

戦後大衆文化史を振り返る

10月15日号

女性特有のがんと検診

ピンクリボン月間企画

女性特有のがんと検診 社会

〜私らしく地域で生きる〜

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

マジック学ぶ2日間

マジック学ぶ2日間

藤が丘地区センター

11月4日~11月11日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 求められる子どもの主体性(2)

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【10】

    求められる子どもの主体性(2)

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    10月15日号

  • 歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    「屋号 後編」

    10月15日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月15日号

お問い合わせ

外部リンク