青葉区版 掲載号:2020年12月3日号 エリアトップへ

桐蔭学園サッカー部 3年ぶり神奈川制覇 県代表で選手権へ

スポーツ

掲載号:2020年12月3日号

  • LINE
  • hatena
優勝を喜ぶ桐蔭学園=代表撮影
優勝を喜ぶ桐蔭学園=代表撮影

 第99回全国高校サッカー選手権大会の神奈川県2次予選決勝が11月28日、ニッパツ三ツ沢球技場で行われ、青葉区鉄町の桐蔭学園高校が桐光学園高校を3対2で下し、3年ぶり10度目の優勝を飾った。桐蔭学園は12月31日から始まる選手権大会に県代表として出場する。

 3年前と同一カードとなった決勝戦。相手は6年連続決勝進出の桐光学園だが、主導権を先に握ったのは桐蔭学園。前半6分、ゴール正面でラストパスを受けたFW立石宗悟選手(2年)が右足を振り抜き、2次予選で4点目となる先制点。そのまま前半を1対0で折り返す。後半7分、桐光学園は得意のセットプレーから同点とするも、直後の11分、桐蔭学園のFW長澤圭剛選手(3年)が中央から抜け出し、GK頭上を越すゴールで再びリード。後がない桐光学園も後半15分、土壇場で再度追いつくなど、決勝にふさわしい緊迫した展開で延長戦へ。

 2度のリードを追いつかれた桐蔭学園だったが、延長前半の終了間際、相手ゴール前でパスを受けた立石選手がペナルティエリア内にドリブルを仕掛け、PKを獲得。これをDF青木祐人選手(2年)が冷静に決め、決勝点に。大型選手の多い桐光学園のパワープレーもしのぎ切り、全国の切符を手に入れた。

 試合後、桐蔭学園の中島駿乃介キャプテン(3年)は「ただただ、うれしい。きつい戦いだったが、勝ち切れて良かった」と話しながら、守備の甘さが出たことを課題に挙げ、「全国優勝に向けてトレーニングしていく」と話した。八城修監督も「精神、技術ともに未熟なので、鍛え直して全国に臨みたい」と意欲を語っていた。

初戦は31日 

 選手権の初戦は31日、等々力陸上競技場で福岡県代表の東福岡高校と対戦。午後0時5分開始。

青葉区版のトップニュース最新6

認知症リスク低減へ調査

青葉区・桐蔭学園

認知症リスク低減へ調査 社会

区民限定 40歳から対象

5月12日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

3年ぶり通常開催へ

青葉区民マラソン

3年ぶり通常開催へ スポーツ

第9回大会 11月27日予定

5月5日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

読書の記録、「通帳」で

青葉台「本の家」

読書の記録、「通帳」で 文化

子ども向け推進週間

4月28日号

高齢者支援を拡大

高齢者支援を拡大 社会

県免許センター 改正道路交通法に対応

4月28日号

憲法フォーラム5月15日開催

衆議院議員みたに英弘事務所主催 当日の講師は高市早苗氏

https://mitani-h.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

都筑太鼓

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

6月4日 昼・夜2回開催

6月4日~6月4日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「保険診療で行える、  多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」 コラム【10】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    5月12日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook