青葉区版 掲載号:2021年1月1日号 エリアトップへ

日本体育大学73年連続73回目出場 粘りの走りでシード権目指す 箱根駅伝、あす号砲

スポーツ

掲載号:2021年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 日本体育大学(横浜・健志台キャンパス/青葉区鴨志田町)が1月2日、3日の第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)に73年連続73回目の出場を果たす。7月に着任した玉城良二駅伝監督の下、シード権の確保に全力を挙げる。



 過去10回の総合優勝を誇る名門だが、2年連続で予選会からの出場となった日体大。高校女子駅伝の指導で実績を積み重ねてきた名将、玉城監督を招聘し、50日間に及ぶ夏合宿を敢行するなど巻き返しを図り、最初の目標だった予選会を6位で突破した。

 12月17日に行われた共同記者会見で玉城監督は「速くて強いチームではないが、弱いチームでもない」と本選に向けて準備が順調に進んでいることを説明し、「10位以内、シード権の獲得を目指したい」と目標を掲げる。「1度離されてしまったら取り戻せない。部員全員で戦うことがキーだ」とも話し、「日体大らしい粘りある、伝統の駅伝をできれば」と意気込みを語った。

心のスタミナで勝負

 一方、70人の部員を引っ張ってきたのが嶋野太海(ひろうみ)駅伝主将(4年)。生活や練習で手本となる姿を見せ、夏合宿中は毎日朝晩のミーティングで話をしながらチームをまとめてきた。選手としてはエース級のスピードやスタミナはないと話しつつ、玉城監督から言われた「心のスタミナをつけなさい」との言葉を胸に、「誰よりも粘り、泥臭い走りをして、他大学に負けないところを見せたい」と決意を語った。また、地元、青葉区民に向け、「区の代表として勇気を届けられる走りをしたい」と話している。

「2区で66分台狙う」

 箱根駅伝の高速化を踏まえ、シード権のためにも往路が重要と語る玉城監督。その期待に応えるのが、日体大のエース、池田耀平選手(4年)だ。前回、前々回は1区を走り、昨年12月には10000mで日体大記録を更新する27分58秒52をマーク。「エース区間の2区で勝負し、チームに勢いをつけたい」と自覚も十分で、「目標は66分台、日本人トップを狙う」ときっぱり。卒業後は(株)カネボウ化粧品に進み、競技を続ける逸材に、玉城監督も「箱根駅伝から世界を目指すのであれば、2区で各校のエースと争って、今後の競技人生の糧にしてほしい」とエールを送る。

 前回は9区を走った野上翔大(しょうた)選手(4年)。目の前で繰り上げスタートとなり、たすきをつなげなかった悔しさから「同じ区間でたすきをつなぎたい」と希望。「チームのために自分の実力を発揮したい」と語った。
 

駅伝主将嶋野太海選手(4年)
駅伝主将嶋野太海選手(4年)
男子駅伝監督玉城良二氏
男子駅伝監督玉城良二氏
エースとして期待がかかる池田耀平選手(4年)
エースとして期待がかかる池田耀平選手(4年)

青葉区版のローカルニュース最新6

「110番の日」で署員が授業

「110番の日」で署員が授業 社会

黒須田小3年生に

1月14日号

オンラインマラソン始まる

オンラインマラソン始まる スポーツ

青葉チャリティーラン

1月14日号

子育てに役立つシェアサービスとは

最高金賞を受賞

日仏切手展

最高金賞を受賞 文化

青葉台・美容室の早川さん

1月14日号

新型コロナ 青葉区累計850人

【Web限定記事】

新型コロナ 青葉区累計850人 社会

1月7日発表 市内5番目

1月14日号

IR住民投票案を否決

横浜市会

IR住民投票案を否決 政治

自民・公明が反対

1月14日号

行政書士浅川事務所

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク