青葉区版 掲載号:2021年2月18日号 エリアトップへ

【Web限定記事】横浜市ワクチン接種 集団か個別 選択・予約へ 各区の会場を発表

社会

掲載号:2021年2月18日号

  • LINE
  • hatena
各区の集団接種会場
各区の集団接種会場

 横浜市は16日、新型コロナウイルスのワクチン接種について、各区の接種会場やスケジュールを公表した。特設会場で受ける「集団接種」か、病院や診療所などの「個別接種」かを選んで予約できる仕組みを導入し、高齢者施設の入居者を対象に「施設接種」も取り入れる。3月下旬から高齢者を対象に段階的に接種券を発送し、4月から接種を開始する。

 市の発表によると、ワクチン接種の予約や問い合わせに対応するコールセンターを3月1日に設置するという。予約は、接種券の送付後にコールセンターで受け付けるほか、スマートフォンやパソコンから対応するシステムも開設する。

 65歳以上の高齢者の接種は4月から開始するが、コールセンターの問い合わせや予約の集中を避けるため、5歳毎に年齢層を分け、接種券の発送をずらして通知する。3月下旬に80歳以上(約29万人)、4月上旬に75歳以上(約19万人)、4月中旬に70歳以上(約24万人)と65歳以上(約20万人)の高齢者に段階的に発送する。また基礎疾患保有者(約24万人)、高齢者施設等従事者(約5・6万人)、それ以外の市民(約237万人)は順次発送するとしており、接種時期は未定。

 集団接種の会場は公会堂やスポーツセンターなどを活用し、各区に1カ所以上設ける(会場は表を参照)。市は今後、会場を拡充する考え。また個別接種に対応する病院は現在、約50院が協力の意向を示しており、最終的な確認をしているという。診療所は医師会を通じて調整を行うとしている。特別養護老人ホームやグループホームなどの各種施設では4月以降、順次接種を始める。

医療従事者確保が課題

 横浜市の人口は375万人で接種対象者も全国の市町村では最多となる。医療従事者の確保が大きな課題となっている。

 2月10日の市会定例会で林文子市長は「史上最大のプロジェクトを市の総力を挙げて必ず成功させる」と強調。1月20日付で健康福祉局内に専門チームを設置し、55人体制で準備を進めている。

 専門チームの担当者は「現在、医師会からの協力合意をいただき、区レベルで医師、看護師の手配の協議を行なっている。高齢者接種の段階で国が示している12週間で2回摂取ができるよう、関係者との調整、協議を進めたい」と話している。

青葉区版のトップニュース最新6

"学校版クラファン"開始

元石川高校

"学校版クラファン"開始 教育

県のまなびや基金を活用

5月13日号

道路損傷 LINEで通報

横浜市

道路損傷 LINEで通報 社会

市民投稿で迅速対応へ

5月13日号

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、現状は

5月7日号

17日から集団接種

青葉区

17日から集団接種 社会

新型コロナワクチン

5月7日号

危険なバス停20カ所

青葉区内

危険なバス停20カ所 社会

事業者中心に対策検討

4月29日号

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter