青葉区版 掲載号:2021年3月4日号 エリアトップへ

10年間に渡り蝶を観察した記録をまとめ、「よこはまの蝶」を自費出版した 上村 文次さん 藤沢市在住 71歳

掲載号:2021年3月4日号

  • LINE
  • hatena

心高ぶる瞬間求めて

 ○…「希少種を見つけた時は上手く写真が撮れないほど心が高ぶっちゃう」。約10年をかけ横浜市内で観察した蝶の記録を一冊にまとめた。特に寺家ふるさと村では56種を確認し、希少種のゴイシシジミも発見した。「横浜は蝶の宝庫」と話す通り、県内で生息するといわれる約120種中75種を観察。宅地開発などによる緑地減少で「今後数は減ると思うけど、記録として残すことができた」と話す表情は、達成感に満ちている。

 ○…榛名山の麓で生まれ育つ。「野山を駆けずり回っていた。山の木を切ってきて、車を作って遊んだっけ」と幼少期を思い返す。大学進学を機に上京。友人の引っ越しを手伝った際に見かけた数々の蝶の標本に衝撃を受け、羽の模様や色合いに魅了された。蝶の観察はその友人に誘われたことがきっかけとなった。

 ○…大学卒業後は横浜市の小学校教諭となり、休日を利用し、観察を続けていた。定年間際で3年生を担当した時、授業で校内の蝶の数を調べることに。結果は45種だったが、児童からの「横浜では何種類いるの」という質問がきっかけで市内の蝶の観察を思い立った。それから約10年。”蝶漬けの日々”が一つの形になった。現在は自然観察指導員としても活動中。自身が出版した冊子をきっかけに「多くの人が自然や蝶に出合ってもらえたら」と願う。

 ○…趣味を聞けば「動植物の観察もできるし山歩きかな」。現在は、自宅のある湘南地域の蝶を観察しており、「冊子にまとめるにはあと2年位かなあ」とぽつり。自身の計画では次の冊子が完成した後、実家に戻るつもりだ。「畑で野菜でも育てながら暮らしたい。実は群馬は日本有数の蝶の生息地。その記録を集大成としてまとめられたら」と今後の夢を語る。

青葉区版の人物風土記最新6

飯笹 光男さん

横浜ガストロノミ協議会の理事長に就任した

飯笹 光男さん

西区在勤 57歳

4月15日号

黒岩 大輔さん

青葉消防署長に着任した

黒岩 大輔さん

都筑区在住 49歳

4月15日号

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

横浜市出身 48歳

4月1日号

鈴木 清一さん

奈良の丘小学校で農業指導を20年間続け、教育委員会表彰を受けた

鈴木 清一さん

恩田町在住 69歳

3月25日号

越田 美弥子さん

青葉区青少年指導員連絡協議会の会長として、2020年度の横浜市教育委員会表彰を受けた

越田 美弥子さん

すみよし台在住 67歳

3月18日号

李 誠雅(リ ソンア)さん

なでしこリーグ1部、日体大フィールズ横浜の新キャプテンを務める

李 誠雅(リ ソンア)さん

鴨志田町在住 21歳

3月11日号

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.komei.or.jp/km/gyota/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

布や手芸品のリサイクル

布や手芸品のリサイクル

20日から「めぐる布市」

4月20日~4月27日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter