青葉区版 掲載号:2021年3月25日号 エリアトップへ

気を引き締めて「減災」を (一社)減災ラボ代表理事 鈴木光さん

社会

掲載号:2021年3月25日号

  • LINE
  • hatena
my減災マップ®とレシピ本を持つ鈴木さん
my減災マップ®とレシピ本を持つ鈴木さん

 「震災から10年が経ち、減災・防災意識に差が出ている」。ワークショップなどを通して減災・防災の大切さを伝える(一社)減災ラボを2015年に設立。小学生や地域の大人向けに、地域に潜む災害や避難ルートを理解してもらうための「my減災マップ®」を発案。緑区をはじめ横浜北部で作り方の講座や、災害の事例紹介などを行う。コロナ禍で避難所の密を心配する声も上がる昨今、「逃げることだけが避難ではない。家の方が安全な場合は、待機することも立派な避難。マップを作ることで、自分にとって最適な減災を意識してもらえたら」

 港北区師岡町在住。建設コンサルで環境部門を経験し、自然の脅威を知ることは減災にもつながると感じた。新潟中越地震や東日本大震災では被災地を目の当たりにした。倒壊した家屋を見て「災害は人の力ではどうすることもできない。ただ、ほんの少しでも手を打っていたら、助かった命があったかもしれない」。減災への思いは強くなった。

10年経ち感じる”意識の差”

 先月、東北や関東を含む最大震度6強の地震が発生したとき、防災に対する意識の差を痛感。地震発生から数日後、遠方に住む仲間と自宅の防災の話になった。東北に住む人は避難バッグの準備など防災に抜かりなかったが、関東や関西に住む知人はあまり対策をしていなかったという。「震災直後は対策をしていた方も多かったと思うが、だんだんやる人が減っていった。10年という節目、気を引き締めるきっかけにしてほしい」

 鈴木さんは現在、市民向け講座のオンライン化にも注力。「減災・防災をもっと楽しく、楽に」というコンセプトの下、被災下でも作れる防災レシピ本も制作した。「減災は一過性で終わらず、続けることが大切」
 

青葉区版のローカルニュース最新6

後半は小麦つながり丼

横浜18区丼

後半は小麦つながり丼 社会

10月は青葉区がテーマ

10月21日号

安全・安心なまち目指す

青葉警察署ほか

安全・安心なまち目指す 社会

田都線各駅で啓発活動

10月21日号

EV充電器の利用定着

しらとり台

EV充電器の利用定着 社会

市などが実証実験中

10月21日号

中高生の保護者向け講座

中高生の保護者向け講座 社会

子どもと関わる7の秘訣

10月21日号

町一帯がアート会場に

町一帯がアート会場に 文化

「寺家回廊」29日から

10月21日号

年長園児が稲刈り

白ゆり幼稚園

年長園児が稲刈り 教育

米ができる様子を学ぶ

10月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    10月14日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook