青葉区版 掲載号:2021年4月15日号 エリアトップへ

青葉消防署長に着任した 黒岩 大輔さん 都筑区在住 49歳

掲載号:2021年4月15日号

  • LINE
  • hatena

揺るがぬ思いで地域守る

 ○…青葉区に来て感じたのは自治会町内会や消防団、地元企業などから感じる地域愛。「地域防災がしっかりと根付いている。その期待に応えられるようにしたい」と意気込みを語る。コロナ禍で区民とふれあう機会も減っているが、培ってきた絆を絶やさないよう、動画による発信も検討中。「時期に合ったメッセージを伝えられたら」

 ○…港北区出身。大学卒業後は民間企業を経て「本当にやりたいことは何か」と自問自答。27歳で横浜市消防局に入庁した。人のためになる仕事の中でも「安全安心は区民生活や経済活動の最低限の条件。消防はそれを担う社会基盤。燃えていれば消す、救いを求められれば救助する。存在意義が単純明快」と志望動機を振り返る。現場や管理部門など各部署で様々なキャリアを重ねてきたが、思い出深いのは総務省の消防・救急課に出向していた時のこと。破綻し、行政サービスの縮小が検討された夕張市において、消防機能の維持に尽力した。「命を守る消防だけはなくしてはいけない」。安全安心を守るという入庁時の思いは揺るがなかった。

 ○…都筑区在住で、青葉区は馴染み深いまち。「娘と息子が小さい頃はよくこどもの国に連れて行った」と懐かしむ。体を動かすことが好きで、高校、大学時代はラグビーに打ち込んだ。冬はスノーボード、それ以外はトレイルランニングが趣味だが「コロナ禍で行けていない」と寂しげ。

 ○…救急相談の電話窓口「#7119」の立ち上げにも携わり、重症化の前に適切な医療につなげるなど、どこで仕事をしていても安全安心に対する考えは変わらない。地域と連携しづらい現状もあるが、「コロナ禍だからと思考停止しないでできる方法を考えていきたい」と思いは熱い。

青葉区版の人物風土記最新6

岸本 拓也さん

ジャパンベーカリーマーケティング(株)代表で高級食パンの仕掛け人として知られる

岸本 拓也さん

青葉区在勤 45歳

5月13日号

飯笹 光男さん

横浜ガストロノミ協議会の理事長に就任した

飯笹 光男さん

西区在勤 57歳

5月7日号

大槻 茂久さん

今季から日体大フィールズ横浜の監督を務める

大槻 茂久さん

鴨志田町在勤 41歳

4月29日号

中山 芳子さん

「ぐるーぷ・もこもこ・青葉台」の代表を務める

中山 芳子さん

みたけ台在住 74歳

4月22日号

飯笹 光男さん

横浜ガストロノミ協議会の理事長に就任した

飯笹 光男さん

西区在勤 57歳

4月15日号

黒岩 大輔さん

青葉消防署長に着任した

黒岩 大輔さん

都筑区在住 49歳

4月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter