青葉区版 掲載号:2021年5月7日号 エリアトップへ

市中央卸売市場 シェフ直伝の魚レシピ 地元飲食店と協力し発行

社会

掲載号:2021年5月7日号

  • LINE
  • hatena
市場で扱う魚介類を使ったレシピ集
市場で扱う魚介類を使ったレシピ集

 新型コロナウイルスの影響を受ける水産業者を支援しようと、横浜市中央卸売市場は中区・西区を中心とした地元飲食店のシェフが考案した海鮮レシピ集「LOVE&FISH」(B5判・24ページ)を制作した。各区役所などで配布し、市場から供給される魚介類を使った料理に家庭で挑戦してもらう。

 市場内の水産仲卸業者らで構成する横浜魚市場卸協同組合を中心に、横浜の食文化発展に取り組むNPO法人「横浜ガストロノミ協議会」に所属する有名ホテル、レストランなどのシェフ11人がレシピ作りに協力した。

 一般家庭の食卓に並ぶ機会も多いブリ、マダイ、サーモン、ホタテ、マグロの国産魚介類を使ったカルパッチョやグラタン、漬け丼など22種類のレシピを掲載。魚食の普及につなげようと、それぞれの魚介類を市場に出荷する生産者のこだわりや市場の役割などのコラムも掲載している。

 4月19日の発表会に出席した同組合の布施是清理事長は、「有名シェフの創意工夫がにじみ出たレシピを参考に、魚の味を楽しんでほしい」と期待を込める。外出自粛や飲食店の休業などが影響し、市場の仲卸業者も2、3割ほどの売り上げ減少が続いたというが、「生産者と消費者をつなぐという卸売市場の社会的使命に向け、市とも連携してさまざまな支援に取り組んでいくことが大切だ」と話した。

各店で独自メニュー

 レシピの発行に合わせ、掲載店舗が同市場から仕入れた海産物を使った特別メニューを提供する「横浜市場フェア」も5月9日まで各店で開催されている。横浜ガストロノミ協議会理事長でシェ・フルール横濱=西区=料理長の飯笹光男さんは「私たちがあるのは市場のおかげ。両者の関係を深めながら、消費者の皆さんに日本の魚介類のおいしさを伝える取り組みを続けたい」と来店を呼び掛けている。

 レシピ集は市内の各区役所や横浜・桜木町・新横浜の3駅にある観光案内所、同フェアの実施店舗などで配布するほか、HP(【URL】https://www.hamaoroshi.or.jp/)でも公開している。

 問い合わせは横浜魚市場卸協同組合【電話】045・459・3400。

公明党横浜市議団

女性の生きづらさ解消へ支援 「生理の貧困」受け、市内で無料配布

https://www.komei.or.jp/km/gyota/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6

認知症でも住みよいまちに

認知症でも住みよいまちに 社会

あざみ野でアンケート調査

6月24日号

聖火、公道走行中止に

聖火、公道走行中止に スポーツ

セレモニーは実施予定

6月24日号

雫滴り梅雨を彩る

雫滴り梅雨を彩る 社会

すすき野公園のアジサイ

6月24日号

ワクチン接種に向け準備

県歯科医師会

ワクチン接種に向け準備 社会

研修会で注射実技

6月24日号

「難局乗り切る議会運営を」

「難局乗り切る議会運営を」 政治

小島新議長に聞く

6月24日号

横浜に「恩返ししたい」

横浜に「恩返ししたい」 スポーツ

体操 白井健三さんが引退

6月24日号

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 地域社会づくりを担ってきた学校

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【15】

    地域社会づくりを担ってきた学校

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    6月24日号

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第12回『糖尿病だとなぜ眼科受診が必要?』

    6月24日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第15回「汗をしっかりかいて、暑い夏を乗り切りましょう♪」

    6月24日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter