青葉区版 掲載号:2021年5月13日号 エリアトップへ

横浜市 道路損傷 LINEで通報 市民投稿で迅速対応へ

社会

掲載号:2021年5月13日号

  • LINE
  • hatena
市の公式アカウント画面内に新設される「道路の損傷通報」(赤枠部)をタップし情報を入力する。通報には二次元コードから友だち登録が必要
市の公式アカウント画面内に新設される「道路の損傷通報」(赤枠部)をタップし情報を入力する。通報には二次元コードから友だち登録が必要

 横浜市は道路の損傷情報を市民がスマートフォンなどを使い市に通報できるシステムの運用を5月14日から始める。投稿された写真や位置情報などから市側は損傷の状況や地点を瞬時に把握することができ、迅速に修繕対応することが可能になる。

 市道路局によると市民が道路の陥没やガードレールの損傷などを見つけた場合、これまでは電話などで情報を寄せてもらい、現地に職員を派遣し状況を確認してきた。しかし口頭での説明となるケースが多いため、場所の特定や損傷状況の把握が難しく、対応に時間を要する場合もあるという。

2分で完了

 新たに始まるサービスは昨春開設した市のLINE公式アカウントを活用する。メニューに「道路の損傷通報」という項目を追加。市民が道路損傷などを発見した際、「道路の損傷通報」ボタンをタップすることで起動する専用のトーク画面から案内に従い、損傷のタイプを選択した上で、写真や位置情報を入力する。2分ほどで通報が完了するといい、現地に職員を派遣することなく、損傷の状況と位置が把握することができる。

 市民から道路損傷に関する情報提供は年間1万1千件ほど寄せられている。状況により差異はあるものの、職員は1件あたりの対応に5分から10分ほどの時間を要しているという。新たなシステムが導入されることで、損傷箇所の場所と状況を素早く特定し、迅速に対応することが可能になり、職員の負担軽減と効率化にもつながる。

要緊急事案は電話でも受付

 LINEを通しての情報提供や修繕要請は市の公式アカウントを友だち追加することで利用可能。24時間受け付け、道路の陥没や土砂崩れ、倒木といった緊急性を要する対応が必要な場合はこれまで通り、各区の土木事務所での電話による通報受付も継続する。

青葉区版のトップニュース最新6

公道上で実証実験

EV充電器

公道上で実証実験 経済

全国初 しらとり台で開始

6月17日号

養育費確保に新制度

横浜市

養育費確保に新制度 社会

ひとり親を支援へ

6月17日号

子ども支援4団体に寄付

区内ロータリークラブ

子ども支援4団体に寄付 社会

「コロナ禍を乗り越えて」

6月10日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 社会

7月利用分から1割増

6月10日号

コロナで販路減り苦境に

横浜市内障害者施設

コロナで販路減り苦境に 経済

仲介組織が下支え

6月3日号

1都7県の頂点に

鼓粋ジュニア部

1都7県の頂点に 文化

8月、和太鼓の全国大会へ

6月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter