青葉区版 掲載号:2021年6月10日号 エリアトップへ

区内ロータリークラブ 子ども支援4団体に寄付 「コロナ禍を乗り越えて」

社会

掲載号:2021年6月10日号

  • LINE
  • hatena

 社会貢献や奉仕活動に取り組む青葉区内2つのロータリークラブ(RC)がこのほど、区内で子ども食堂などを運営する4団体に支援金を寄付した。コロナ禍で活動が制限されている団体が多く、関係者からは感謝の言葉と共に「今こそ支援を必要とする子どもに届く方法を考えたい」との声が聞かれた。

 今回寄付を行ったのは横浜田園RC(松本茂会長)=写真前列左から2番目=と横浜あざみRC(磯野共余会長)=同3番目。両クラブ所属の国際ロータリー第2590地区では、コロナ禍で苦労する子ども食堂や施設を応援しようと各地で同様の活動を行っている。

 今回は、「あおば子ども食堂」「たまプラごはん」「ノヴィーニェ」「横浜みどりの学校ひまわり」の4団体にそれぞれ5万円を寄付。松本会長は「寄付が少しでも力添えになり、コロナ禍を乗り越えてほしい」と語り、磯野会長は「クラブ会員と相談し、今後も継続して支援していけたら」と話した。

 寄付を受け取った団体のひとつ、あおば子ども食堂の三村徳子代表=後列左から2番目=は「コロナ禍で昨春から食堂を開けず、子どもたちが心配だった。夏からは数食分ずつ袋詰めして無料配布を行っている。今回の寄付は大切に使わせていただきます」と感謝を述べた。また、青葉台で自身が運営する飲食店を開放して「ノヴィーニェこども食堂&こども寺子屋」を開いていたトニー・ジャスティスさん=同後列右=は、コロナの影響で店を昨年閉じた。それでも「お世話になった日本に恩返しをしたい」と、今はキッチンカーを購入して食堂の再開を計画している。三村代表は「青葉にも困窮する家庭、子どもたちがいる。これからも各団体で協力して支援を続けていきたい」と語った。

青葉区版のトップニュース最新6

子ども支援4団体に寄付

区内ロータリークラブ

子ども支援4団体に寄付 社会

「コロナ禍を乗り越えて」

6月10日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 社会

7月利用分から1割増

6月10日号

コロナで販路減り苦境に

横浜市内障害者施設

コロナで販路減り苦境に 経済

仲介組織が下支え

6月3日号

1都7県の頂点に

鼓粋ジュニア部

1都7県の頂点に 文化

8月、和太鼓の全国大会へ

6月3日号

「青葉区スポーツ協会」に

「青葉区スポーツ協会」に スポーツ

体協から名称変更

5月27日号

特例貸付 5.8万件に

特例貸付 5.8万件に 経済

コロナ禍 市内の申請増加

5月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

育児夫婦のすれ違いなぜ

育児夫婦のすれ違いなぜ

笑い、涙ありのトーク会

6月26日~6月26日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter