青葉区版 掲載号:2021年9月23日号 エリアトップへ

国際平和スピーチコンテスト 「平等」テーマに市長賞 榎が丘小 荒井結宇さん

社会

掲載号:2021年9月23日号

  • LINE
  • hatena
市長賞の賞状を手に笑顔を見せる荒井さん
市長賞の賞状を手に笑顔を見せる荒井さん

 小中学生が国際平和に対する思いを発信する「よこはま子ども国際平和スピーチコンテスト」の本選結果が9月9日に発表され、青葉区から市立榎が丘小学校6年の荒井結宇(ゆう)さんが最優秀賞にあたる市長賞を受賞した=中面でスピーチ全文を掲載。

 今年で25回目を迎える同コンテスト。2015年に国連で「持続可能な開発目標」(SDGs)が採択されてからは、ジェンダーの平等や気候変動への対策など様々な視点から国際平和に対して自分が取り組みたいことをスピーチするもの。

 昨年は新型コロナ感染症拡大防止のため中止となったが、今年はビデオ審査で実施。6月から行われた予選会に市内の小中学校から約5万人が応募し、各区の代表を小中学生1人ずつ選出。そして本選では、市長賞、教育長賞、審査委員長賞の各賞に小、中学生2人ずつが選ばれた。

差別、偏見に驚き

 小学生の部で「市長賞」に選ばれた荒井さんは、授業で読んだ本からステレオタイプという言葉を知り、世界から偏見をなくしたいという思いで「みんながかがやける未来へ」と題してスピーチを行った。

 そのきっかけとなったのが昨夏、多様性をテーマにしたオンラインイベントに参加したこと。普段、国籍や見た目の違いに関わらず人と交流する荒井さんにとって、人種や見た目で差別や偏見を受けてきた人が大勢いる話を聞いて驚いたという。

 その経験から、人種差別をテーマにした本を読み、今回のスピーチコンテストにつなげた。

 児童劇団のあおば子どもミュージカルに所属し、スピーチをする上での滑舌や、人前で表現することには慣れている部分もあった。一方で、スピーチの中で身振り手振りが出来ないことや、3分という短い時間で伝えるために早口になりながらもしっかりと最後まで伝わるように意識し、母親に聞いてもらいながら練習を繰り返したという。ビデオ審査での選考について「緊張したけど練習通りにできたと思います」と照れながらも笑顔で話す荒井さん。市長賞の受賞については、「びっくりした。今までSDGsについて積極的に考えてこなかったので、今回の経験を通してさらに学びを深め、実践していきたい」と意欲的に話す。海外へ行く経験がなくても、オンラインで社会と繋がっていることを知るきっかけや世界が広がる経験にもなった。「これをきっかけに、差別がなくみんながかがやく未来になるように広く伝えていきたい」と話している。
 

青葉区版のトップニュース最新6

オンラインで復活

青葉区民マラソン

オンラインで復活 スポーツ

来年1月に開催決定

10月21日号

国学院大から2人が指名

ドラフト会議

国学院大から2人が指名 スポーツ

桐蔭横浜大からも1人

10月21日号

市認定のNPO法人に

県転倒予防医学研究会

市認定のNPO法人に 社会

高齢者の健康維持に尽力

10月14日号

市が「防災力」認定制度

マンション

市が「防災力」認定制度 社会

来年1月に開始予定

10月14日号

陽性 半数近くが若年層

新型コロナ第5波

陽性 半数近くが若年層 社会

市、新プランで対策急ぐ

10月7日号

コロナ禍でも文化芸術を

コロナ禍でも文化芸術を 文化

鑑賞機会届けに奔走

10月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    10月14日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook