青葉区版 掲載号:2021年10月7日号 エリアトップへ

新型コロナ第5波 陽性 半数近くが若年層 市、新プランで対策急ぐ

社会

掲載号:2021年10月7日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルス感染症で最も深刻な事態となった第5波では、若年層への感染拡大が目立った。横浜市内でも感染者の半分近くが30歳未満を占めた(7月〜9月20日)。市は9月17日に加速化プランを発表。第6波に備え急務となる若年層への対策などを急ぐ。

 30歳未満の若年層の新規感染者数の割合を年末年始の流行期と比較すると、昨年12月は31%、1月は33%だったが、第5波となった7月は42%、8月は46%、9月は44%(20日現在)と各10ポイント程度上昇。特に増加傾向が顕著だったのは10歳未満で、7月は年末と同程度の4%だったが、8月は7%、9月は9%だった。

 また、保育園などの子ども関係施設や学校などの教育機関でのクラスターは、12月と1月で合計7施設だったが、7月1日から9月20日では夏休み期間中であったにも関わらず、53施設(子ども関係施設39、学校等教育機関14)と大幅に増加した。

6波に向け備えを

 一方、9月15日時点で市内で2回接種を終えた人は51・2%。年代別では、70代が一番高く、88・2%。世代が下がるにつれ接種率も低下し、30代で29・6%、20歳代で27・3%、12歳〜19歳で12・7%にとどまる。市は17日、加速化プランを発表し、若年層の感染予防策を公表。16歳から39歳までを対象とした「若者向けワクチン接種センター」の開設や、18歳以上を対象にした横浜市立大学附属市民総合医療センター=南区=での週末の午後10時から翌朝7時までの接種を実施するとした。横浜市医師会の水野恭一会長は「今できるのはワクチン接種の促進と自宅療養者にも積極的に治療できる体制を整えること。第6波に備え協力して進めていきたい」と話す。

 市は「若い世代は行政情報になかなか触れることが少ないという課題意識がある」とし、若者向けの情報発信にも着手。16日に横浜市LINE公式アカウントからワクチン接種の予約受付を開始したほか、webやSNSを活用した接種促進にも力を入れる。

青葉区版のトップニュース最新6

100人の町史、書籍化へ

街のはなし実行委

100人の町史、書籍化へ 社会

クラファンで資金募る

6月30日号

10代堅調、20代で急落

選挙投票率

10代堅調、20代で急落 政治

市、若年層啓発に注力

6月30日号

オンライン化推進に本腰

横浜市

オンライン化推進に本腰 社会

行政手続の利便性向上へ

6月23日号

街なかに「どうぞの椅子」

谷本地区

街なかに「どうぞの椅子」 社会

坂道途中などの休憩に

6月23日号

周辺区画の緑化進む

すすき野三丁目

周辺区画の緑化進む コミュニティ文化

緑のまちづくり、2年目

6月16日号

策定へ基本的方向発表

新たな中期計画

策定へ基本的方向発表 社会

市長公約「ゼロ」明示せず

6月16日号

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

    『まぶたのできものが中々よくならず困っています』

    6月30日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第25回「親が教育者、身近なことから“今”を教えよう」

    6月30日号

  • 学校から見た運動部の地域移行

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」㉑

    学校から見た運動部の地域移行

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    6月23日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook