青葉区版 掲載号:2021年11月11日号 エリアトップへ

あかね台中が10周年 ライブ中継で式典開催

教育

掲載号:2021年11月11日号

  • LINE
  • hatena

 市立あかね台中学校(熊谷博文校長)が創立10周年を迎え、10月29日に記念式典が行われた。あいさつに立った熊谷校長=写真=は「これからも生徒が『自ら進んで、学ぶ、鍛える、共に生きる』学校をつくっていきたい」と力強く語った。

     ◇

 記念式典はコロナ禍のためライブ中継の形を取り、生徒たちは各教室から式典を見学した。式典には熊谷校長や同校第3代PTA会長で今回の記念事業実行委員長を務めた木村正樹さん、そして来賓として学校運営協議会の久保田実会長らが出席。熊谷校長は開校当初からの関係者の思いである「地域とともに歩む学校づくり」を今後も進めていきたいとし、生徒たちにはコロナ禍の困難を乗り越えてきたことを称え、「志や夢を見つけて、将来へ羽ばたいてほしい」と語りかけた。

 木村委員長や久保田会長からの祝辞のあとには、卒業生からのビデオメッセージが紹介されたほか、5期生で現在は東京藝術大学で学ぶトロンボーン奏者の廣瀬真琴さんによる祝典演奏も披露され、演奏後には各教室から大きな拍手が沸いていた。

 式典の最後には木村委員長から生徒会長の羽深正晃さんに記念品贈呈の目録も手渡され、熊谷校長は「この日を迎えられたのも保護者や地域の方々のおかげ。今後も思いを引き継ぎ、より良い学校を作っていきたい」と語った。

これからも地域とともにあかね台中の10年

 あかね台中学校は田奈、奈良中学校の規模適正化のために2008年に開校準備委員会が発足し、11年4月に市内147番目の市立中学校として開校した。翌年には市内小中学校では初の全天候型プールも完成。また、奈良町連合自治会の関根宏一会長らの協力で通学路に街灯を設置。保護者や地域住民、学校が一体となって学校の発展を支え、これまで2038人の卒業生を輩出してきた。10年前にはまだ小さかった同校中庭のシンボルツリーのしだれ桜=写真=も大きく育った。

 10周年記念では、通用門の花壇の整備や生徒会による学校旗の製作も行われ、次の10年、20年後につながる学校づくりが広がっている。学校運営協議会の久保田会長は「皆さんのおかげで素晴らしい10周年を迎えられた。今後も地域で応援していきたい」と語った。

お庭のお手入れなら田辺園へ

見積り無料、「タウンニュース見た」で10%オフ!℡080-8838-0305

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6

女子駅伝で初の関東へ

山内中

女子駅伝で初の関東へ スポーツ

県、準優勝に悔しさも

12月2日号

クラファンで演奏の場

クラファンで演奏の場 教育

コロナ禍の中高生にエール

12月2日号

浜田さんが市長賞

環境絵日記

浜田さんが市長賞 社会

区内から5人優秀特別賞

11月25日号

上瀬谷新交通に参画せず

シーサイドライン

上瀬谷新交通に参画せず 経済

開業の見通し不透明に

11月25日号

「地産地消」を味わおう

「地産地消」を味わおう 経済

区がグルメキャンペーン

11月18日号

村山巡査長が健闘3位

青葉警察署

村山巡査長が健闘3位 スポーツ

全日本剣道選手権で

11月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第17回『元々、目が良かったのに60歳を過ぎて遠くも近くも見えにくくなってしまいました』

    11月25日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第20回「お子さんと一緒に成功体験を重ねましょう」

    11月25日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook