青葉区版 掲載号:2022年1月20日号 エリアトップへ

『鎌倉殿の13人』 大河ドラマゆかりの地紹介 県と市、特設ウェブページ開設

文化

掲載号:2022年1月20日号

  • LINE
  • hatena
神奈川県のウェブページ
神奈川県のウェブページ

 1月9日から放送がスタートしたNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』を契機に新たな観光資源を創出しようと、神奈川県と横浜市の観光サイトの中に、ゆかりの地を紹介する特設ウェブページが開設された。

観光周遊促す

 神奈川県のサイトでは、舞台となる県内のゆかりの地をマップ上で表示し、周辺のグルメや店舗情報などと共に掲載。鎌倉市観光協会のオリジナルキャラクターを用いた登場人物紹介からリンクもできる。県内のガイド団体が執筆したゆかりの地にまつわるコラムも毎週5本ほど更新する予定で、ドラマの展開に合わせて登場した場所が順次紹介される。

 横浜市内には旭区に武将・畠山重忠をしのぶ史跡が多く残るほか、金沢区に源頼朝、北条政子などのゆかりの地が点在。現在、旭区の県立公文書館と旭図書館で畠山重忠のパネル展示が行われているほか、1月17日から2月28日まで二俣川ジョイナステラスに情報コーナーを設置。今後市内の関連イベントなどは、市の特設サイトを通じて随時情報を発信していく。

経済効果も期待

 大河ドラマが県内にもたらす経済波及効果は、年間約307億円に上るという試算もあり、今後鎌倉をはじめとするゆかりの地では「大河フィーバー」が期待される。県は宿泊客の増加や聖地巡礼など、コロナ禍で落ち込んだ観光産業の回復の一助になるとして「大河をきっかけに全国の歴史ファンだけでなく、地元の方にも神奈川の魅力の再発見につながれば」と話す。横浜銘菓でおなじみの(株)ありあけ=中区=では、昨年末からドラマのロゴライセンス商品として「侍ハーバー勝栗抹茶」を販売しており「予想を大幅に上回る売れ行き」だという。

侍ハーバー勝栗抹茶(同社提供)
侍ハーバー勝栗抹茶(同社提供)

青葉区版のローカルニュース最新6

ベルマークを市立小へ

区内郵便局

ベルマークを市立小へ 社会

約1万3千点を寄付

5月19日号

初心者向けZoom(ズーム)講座

初心者向けZoom(ズーム)講座 社会

スマホでチャレンジ

5月19日号

ギターコンサート

ギターコンサート 文化

青葉台で6月1、2日

5月19日号

「ロシア軍は撤退を」

「ロシア軍は撤退を」 社会

3年ぶりに平和行進

5月19日号

前座試合の出場者募集

日体大SMG

前座試合の出場者募集 スポーツ

6月18日、女子児童対象

5月19日号

県銘菓を一挙公開

県銘菓を一挙公開 文化

レアリア内特設ページで

5月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「保険診療で行える、  多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」 コラム【10】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    5月12日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook