青葉区版 掲載号:2022年1月20日号 エリアトップへ

(一社)横浜青年会議所の第71代理事長に就任した 崔 成基(チェ ソンギ)さん 中区在住 38歳

掲載号:2022年1月20日号

  • LINE
  • hatena

循環型経済の先駆けに

 ○...「調和」を今年の運営テーマに掲げ「経済、環境、社会の発展に寄与する活動がしたい」と横浜青年会議所(JCI横浜)の理事長としての抱負を語る。大都市への資本流出などに問題意識を持っており「このテーマを実現するためにも、横浜市内で循環型経済の機運を高め、基盤づくりを進めていきたい」と意気込みを話す。

 ○...JCI横浜に入会したのは2013年。人材派遣会社を起業した直後のことだ。「担当の税理士に勧められ、経営者とのつながりを求めて入りました」と話す。4年後には世界の青年会議所と渉外業務を行う委員会の委員長に。そこで、SDGsに関する世界の取組を目の当たりにしたことで、環境に配慮した製品づくりを行う企業と連携し、イベントなどでSDGsの取組をPR。それがJCI横浜がSDGsの達成に向けて取り組むきっかけとなった。

 ○...現在は中区で保育園の運営や保育士の人材派遣を担う会社の経営者。元々は東海大学大学院を物理学専攻で卒業し、半導体に関わる大手企業に務めていたが、一念発起して人材派遣会社を創設した。当初は半導体を扱うエンジニアなどの人材派遣を行っていたという。「起業当初は明日倒産するかもしれないと何度も思いました」と振り返り「今があるのは相談できるJCI横浜の仲間の存在がとても大きいです」と笑顔。

 ○...2年前には、日本青年会議所に出向し、SDGs推進会議の議長も経験。「SDGsの取り組み一つにしても、地域間で格差があることを感じました」と話し「横浜は新しいものを受け入れる文化がある。だからこそ、横浜から循環型経済の取り組みをいち早く進め、日本全国に伝播させていきたい」と舵取りを担っていく。

青葉区版の人物風土記最新6

神谷 百(もも)さん

横浜繊維振興会による10代目横浜スカーフ親善大使に選ばれた

神谷 百(もも)さん

都筑区在住 19歳

5月19日号

ハマ リュウノスケさん

web劇団「ヨコハマヨリック」を主宰する

ハマ リュウノスケさん

青葉区在住 44歳

5月12日号

高橋 充さん

青葉区スポーツ推進委員連絡協議会の会長として市教育委員会表彰を受けた

高橋 充さん

荏田北在住 61歳

5月5日号

玉田 裕之さん

4月に桐蔭学園中等教育学校の校長に就任した

玉田 裕之さん

鉄町在勤 57歳

4月28日号

らんま先生 さん(本名:石渡学)

「ecoサイエンスステージ」が好評を博し、全国でステージを披露する

らんま先生 さん(本名:石渡学)

青葉区在住 50歳

4月21日号

天下谷(あまがや) 秀文さん

4月1日付で青葉区長に就任した

天下谷(あまがや) 秀文さん

青葉区在住 59歳

4月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「保険診療で行える、  多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」 コラム【10】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    5月12日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook