青葉区版 掲載号:2022年4月21日号 エリアトップへ

「ecoサイエンスステージ」が好評を博し、全国でステージを披露する らんま先生 さん(本名:石渡学) 青葉区在住 50歳

掲載号:2022年4月21日号

  • LINE
  • hatena

知的体験「1回1回全力」

 ○…15年間で披露したステージは3千回に及ぶ。環境問題と科学実験、パフォーマンスを融合させたユニークな知的体験型の「ecoサイエンスステージ」が好評を博す。軽妙なトークで子どもたちを楽しませ、テレビの教育番組やバラエティ番組に登場することも度々。「1回1回が結構全力。固定給もない世界。依頼してくれる方がいてありがたい」

 ○…ステージでは環境問題やSDGsを大道芸のジャグリングやマジックを織り交ぜて解説し、子どもたちの目を釘づけにする。空気の動きや力を知る実験『空気砲』は今や代名詞。2018年には発射数や飛距離、正確さなどでギネス世界記録に認定された。「100ある知識を3から5まで削ぎ落してわかりやすく説明してこそプロ」ときっぱり。試行錯誤を重ね、3分のネタを納得いくまで仕上げるのに3年がかりという。「ライブは編集がきかない世界。そこに魅力を感じる」

 ○…荏田小学校、荏田南中学校を卒業。大学で教員免許を取得し、国際NGOのボランティアとして海外で植林活動も経験。卒業後、福祉の仕事に就いたが、33歳の時、上野公園でたまたま見かけたジャグリングに「本当に雷に打たれた。30分でこんなに人を感動させる空間があるなんて」。理科の教師だった父親の影響もあり、独学で新たな道を切り拓いた。

 ○…コロナ禍でライブを軸にしたエンタメ界の落ち込みを危惧している。自身のステージもコロナ前と比べて大きく減った。それでも「変わった経歴のおかげで様々なところから声を掛けてもらえる」。その強みを生かし、新たな融合を模索し始めている。「地域にはすごい人物が結構いるじゃんって思う。この点を線にするのがこれからの目標」

青葉区版の人物風土記最新6

三枝(さえぐさ) 和江さん

青葉区食生活等改善推進員(愛称・ヘルスメイト)の会長を務める

三枝(さえぐさ) 和江さん

すすき野在住 65歳

6月23日号

中村 茂さん

恩田駅前の遊歩道のアジサイを維持している水辺愛護会奈良川かわせみ会会長の

中村 茂さん

あかね台在住 71歳

6月16日号

高野 眞希さん

ラグビー女子日本代表として5月のオーストラリア遠征で活躍した

高野 眞希さん

美しが丘西出身 26歳

6月9日号

金子 茂文さん

中里連合自治会の会長に4月23日に就任した

金子 茂文さん

鉄町在住 73歳

5月26日号

神谷 百(もも)さん

横浜繊維振興会による10代目横浜スカーフ親善大使に選ばれた

神谷 百(もも)さん

都筑区在住 19歳

5月19日号

ハマ リュウノスケさん

web劇団「ヨコハマヨリック」を主宰する

ハマ リュウノスケさん

青葉区在住 44歳

5月12日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 学校から見た運動部の地域移行

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」㉑

    学校から見た運動部の地域移行

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    6月23日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook