青葉区版 掲載号:2022年5月26日号 エリアトップへ

脱炭素 中小企業6割が「未着手」 市、ガイドラインを作成

社会

掲載号:2022年5月26日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市が市内の中小企業を対象に行った脱炭素化に関する意識調査で「必要性を感じているが未着手」と回答した事業者が6割に上ることが明らかになった。市は脱炭素ガイドラインを作成し、4月に公開。市内企業の脱炭素経営を後押ししていきたい考えだ。

 横浜市では、企業の経営や事業活動に脱炭素化を取り入れる後押しをするため、昨年度に市内中小事業者1万者を対象として「脱炭素化・SDGsに関する意識調査」を実施(回答率22%)。その結果、脱炭素化の必要性を感じている企業が約8割に上るものの、実行面では「まだ取り組んでいない」と回答した事業者が全体の約6割だった=図。脱炭素化への課題に「知識やノウハウが不足している」とする回答が47%で最も多く、次いで「コスト増のための資金の捻出が難しい」が46%だった。

啓発促進の一助に

 これから脱炭素に取り組もうとする企業の入門書として、横浜市は市内中小企業向けの脱炭素ガイドラインを作成し、4月28日に市のホームページ上で公開した。

 ガイドラインでは、領収書や検針票で自社のエネルギー使用量を把握する解説から始まり、省エネ対策や再生可能エネルギーへの切り替えなど業種共通でできる取り組みのほか、製造業や宿泊・飲食など6つの業種別に行うべき取り組みを、表やイラストを用いながら解説。企業の具体的な取り組み事例も紹介しており、脱炭素化の指針となる内容となっている。

 社屋の屋上に太陽光パネルを設置し社内で使う電力を補うなど、再生可能エネルギーの活用に取り組む日舗建設(株)(若林訓晴代表取締役/さつきが丘)の担当者は、脱炭素化を社内で進めるにあたり「やれることは少しずつでも取り組んでいこうと、環境意識を持つことが大切」と説明する。

 市の温暖化対策統括本部の担当者は「市内企業の99%を占める中小企業が取り組むことで横浜の脱炭素化を促進できる。このガイドラインが一歩を踏み出すきっかけになれば」と話し、今後は冊子版ガイドラインも活用しながら、横浜企業経営支援財団やヨコハマSDGsデザインセンター、金融機関などと連携し、中小企業の脱炭素化の支援を図るとしている。

青葉区版のトップニュース最新6

100人の町史、書籍化へ

街のはなし実行委

100人の町史、書籍化へ 社会

クラファンで資金募る

6月30日号

10代堅調、20代で急落

選挙投票率

10代堅調、20代で急落 政治

市、若年層啓発に注力

6月30日号

オンライン化推進に本腰

横浜市

オンライン化推進に本腰 社会

行政手続の利便性向上へ

6月23日号

街なかに「どうぞの椅子」

谷本地区

街なかに「どうぞの椅子」 社会

坂道途中などの休憩に

6月23日号

周辺区画の緑化進む

すすき野三丁目

周辺区画の緑化進む コミュニティ文化

緑のまちづくり、2年目

6月16日号

策定へ基本的方向発表

新たな中期計画

策定へ基本的方向発表 社会

市長公約「ゼロ」明示せず

6月16日号

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

    『まぶたのできものが中々よくならず困っています』

    6月30日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第25回「親が教育者、身近なことから“今”を教えよう」

    6月30日号

  • 学校から見た運動部の地域移行

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」㉑

    学校から見た運動部の地域移行

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    6月23日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook