青葉区版 掲載号:2022年6月9日号 エリアトップへ

ラグビー女子日本代表として5月のオーストラリア遠征で活躍した 高野 眞希さん 美しが丘西出身 26歳

掲載号:2022年6月9日号

  • LINE
  • hatena

次世代の道しるべに

 ○…5月のオーストラリア遠征にラグビー女子日本代表として参加。世界ランク5位のオーストラリア代表と戦い、歴史的初勝利に貢献した。「一人ひとりが責任を持ち、目の前のチャンスを逃さなかったことが勝利につながった」と喜ぶ。

 ○…兄と同じ青葉区の田園ラグビースクールに通い始めたのは年長時。当時は男子に交じり、試合に出ていたという。すすき野小から山内中に進学すると、ハンドボールに夢中に。シャイな性格で「女子だけのスポーツが楽しかった」と笑みをもらす。一度はラグビーから離れたものの、リオ五輪を観てラグビー熱が再燃。日体大で再びラグビーを始め、これまでW杯出場など活躍。現在は武蔵野市拠点のクラブチーム「横河武蔵野アルテミ・スターズ」に所属。一人暮らしで会社員として働く傍ら練習に打ち込む日々だが、休日は美しが丘西の実家で愛犬と遊ぶことが息抜きに。

 ○…「最終的に責任を取るのは自分」とやりたいことに挑戦することが信念。力試しに留学したニュージーランドでは子どもが公園で楽しんでいる様子や母親になっても代表選手で活躍している姿などラグビーが生活に溶け込んでいた。それを見て、高いレベルで競技に取り組むことだけではなく、ラグビーの楽しさを子どもに伝えていきたいと考えるように。まだまだ女子ラグビーの認知度が低い中、競技の魅力を広め、次世代につなげていくことも目標だ。

 ○…女子でも外国人選手とは20kgの体重差がある過酷なスポーツ。それでも「ポジションが多く、選手が役割を持ち自分の強みを生かしてプレーするのが面白い」。直近の目標は「10月のW杯に出場し、ベスト8。経験者としてチームを引っ張っていきたい」と力強く意気込む。

青葉区版の人物風土記最新6

神谷 信行さん

青葉区民芸術祭コーラス部会の部会長として「青葉コーラスのつどい」を運営する

神谷 信行さん

荏子田在住 73歳

6月30日号

三枝(さえぐさ) 和江さん

青葉区食生活等改善推進員(愛称・ヘルスメイト)の会長を務める

三枝(さえぐさ) 和江さん

すすき野在住 65歳

6月23日号

中村 茂さん

恩田駅前の遊歩道のアジサイを維持している水辺愛護会奈良川かわせみ会会長の

中村 茂さん

あかね台在住 71歳

6月16日号

高野 眞希さん

ラグビー女子日本代表として5月のオーストラリア遠征で活躍した

高野 眞希さん

美しが丘西出身 26歳

6月9日号

金子 茂文さん

中里連合自治会の会長に4月23日に就任した

金子 茂文さん

鉄町在住 73歳

5月26日号

神谷 百(もも)さん

横浜繊維振興会による10代目横浜スカーフ親善大使に選ばれた

神谷 百(もも)さん

都筑区在住 19歳

5月19日号

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

    『まぶたのできものが中々よくならず困っています』

    6月30日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第25回「親が教育者、身近なことから“今”を教えよう」

    6月30日号

  • 学校から見た運動部の地域移行

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」㉑

    学校から見た運動部の地域移行

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    6月23日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook