青葉区版 掲載号:2022年6月16日号 エリアトップへ

議会報告【2】 横浜の中学校給食は何が良い? 横浜市会議員 山下正人

掲載号:2022年6月16日号

  • LINE
  • hatena

 学校給食は戦後の食糧難に制度化され、時代と共に共働き世帯の支援ニーズに変化しました。長年、給食制度の議論を積み重ねた結果、横浜市は財政的・物理的・時間的制約を勘案し、配達弁当方式で子育て世代を支援する事にしました。

 しかし、経過を知らない山中市長が選挙公約で全員給食を掲げ、再び議論が混迷しています。

今までの検討状況は?

 市内中学校は145校ですが、自校で給食室を作るには106校に敷地余裕がありません。近くの小学校で調理する親子方式も小学校に余裕がない為120校で困難です。建替等の機会を待っていると何十年も必要です。給食センターを作るには、418億円の建設費と6箇所の用地が必要で、現行の配達弁当も全中学生が食べるには5万食分の提供体制(47億円)の追加が必要です。

 多くの課題がある中で改めて皆様の率直なご意見をお聞きします。上記LINEからアンケートにご協力願います。

※次回7月14日掲載予定

山下正人

青葉区美しが丘5-1-5第3吉春ビル210

TEL:045-905-5006

http://www.yamashitamasato.com/

青葉区版の意見広告・議会報告最新6

横浜の中学校給食は何が良い?

議会報告【2】

横浜の中学校給食は何が良い?

横浜市会議員 山下正人

6月16日号

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月16日号

未来を拓く、確かな力。

意見広告

未来を拓く、確かな力。

公明党外交部会長・青年局長 三浦のぶひろ

6月16日号

在宅療養を支える訪問看護

市政報告㉕

在宅療養を支える訪問看護

横浜市会議員 田中ゆき

6月2日号

不妊治療の保険適用実現

意見広告

不妊治療の保険適用実現

 自由民主党 参議院議員 三原じゅん子/前内閣総理大臣・衆議院議員 菅義偉

6月2日号

停電を起こした川崎市に抗議

停電を起こした川崎市に抗議

横浜市会議員 藤崎浩太郎の市政報告

5月26日号

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

    『まぶたのできものが中々よくならず困っています』

    6月30日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第25回「親が教育者、身近なことから“今”を教えよう」

    6月30日号

  • 学校から見た運動部の地域移行

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」㉑

    学校から見た運動部の地域移行

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    6月23日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook