神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2024年5月16日 エリアトップへ

美しが丘連合自治会 事故の怖さ 見て感じて 再現スタントで注意喚起

社会

公開:2024年5月16日

  • X
  • LINE
  • hatena
交差点の無理な横断による事故を再現
交差点の無理な横断による事故を再現

 スタントマンを招き、自転車事故の再現を行う「美しが丘交通安全のつどい」が5月11日、美しが丘公園多目的広場で開催された。

 自転車事故の怖さや交通ルール、事故に遭わないために注意すべきことを知ってもらおうと、美しが丘連合自治会(辺見真智子会長)が主催。特に子どもや保護者に見てほしいと考え、近隣の小中学校にチラシを配布して参加を呼び掛けた。

 当日は、青葉警察署交通課の杉山裕紀課長が、管内での交通事故発生状況を説明。4月末までに発生した186件の人身事故のうち、自転車関連が36件。その8割が交差点で起きているとし、「交差点を渡る際に周囲を確実に見渡すだけでも、事故を減らすことができる」と呼び掛けた。その後は神奈川県警察音楽隊が演奏を披露。「太陽にほえろ!」のメインテーマや「アナと雪の女王」などを軽快に響かせ、会場から大きな拍手を浴びていた。

 スタントマンによるコーナーでは、原則左側通行や、歩道では歩行者が優先など、自転車の基本的な交通ルールを説明。両手放しや二人乗りなどの危険性も、実演を交えて訴えた。また、スマホを見ながら、音楽を聴きながらの走行中に起こりうる事故なども再現。車と衝突し、自転車の運転者が投げ出される姿を見た来場者からは悲鳴が上がっていた。

 辺見会長は「電動自転車の普及で、子どもの送迎に自転車を利用している保護者も増えてきた。自転車の交通ルールを学びながら、事故の怖さを知ってもらえてよかった」と話していた。

神奈川県警察音楽隊も出演した
神奈川県警察音楽隊も出演した

青葉区版のローカルニュース最新6

箏・三絃・尺八演奏体験会

青葉区三曲協会

箏・三絃・尺八演奏体験会

7月20日、フィリアホール

7月18日

毎週水曜シニアの遊び場

毎週水曜シニアの遊び場

あざみ野 スペースナナ

7月18日

防犯情報追加しリリース

横浜市

防犯情報追加しリリース

こども・安全安心マップ

7月18日

子どもオケがコンサート

子どもオケがコンサート

8月1日 都筑公会堂

7月18日

プロレスを間近で体感

プロレスを間近で体感

7月27日、仲町台夏まつり

7月18日

オリジナルのカップ麺作ろう

オリジナルのカップ麺作ろう

「ラー博スゴメンラボ」

7月18日

意見広告・議会報告政治の村

  • 青葉区の声をカタチに!

    「何を言ったかでなく、何をやったか!」 市政報告

    青葉区の声をカタチに!

    公明党 横浜市会議員 行田朝仁(ぎょうたともひと)

    7月18日

あっとほーむデスク

  • 7月4日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「まぶたがぴくぴく痙攣(けいれん)する」 コラム【36】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    7月11日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook