青葉区版 エリアトップへ

トップニュースの記事一覧

  • 「子どもと若者の図書館を」

    たまプラ

    「子どもと若者の図書館を」 文化

    私設の居場所 21日開館

     乳幼児から25歳までを対象とした「たまプラーザ駅徒歩2分図書館(愛称:プラ2(に))」が1月21日にオープンする。動画ライブ配信業務を手掛ける青柳志...(続きを読む)

    1月21日号

  • 200カ所以上で減収

    指定管理施設

    200カ所以上で減収 社会

    市、一部補助も

     横浜市所管の指定管理施設のうち231施設が、昨年の緊急事態宣言による休館等に伴い減収に陥っている。市では昨年12月の補正予算でその大半の施設に事業費の一部補助...(続きを読む)

    1月21日号

  • 市、15日に受付窓口開設

    障害者手帳カード化導入

    市、15日に受付窓口開設 社会

    選択制、耐久性など向上へ

     横浜市では今年上半期中に障害者手帳をカード化※するため、1月15日に専用のコールセンターや郵送での受付窓口を開設する。市ではカード化により現状の手帳と比べて耐...(続きを読む)

    1月14日号

  • 対コロナの区政運営

    対コロナの区政運営 政治

    小澤区長インタビュー

     2021年のスタートに合わせ、本紙では青葉区の小澤明夫区長=写真=にインタビューを行った。昨年4月に就任した小澤区長は新型コロナウイルスの対応に加え...(続きを読む)

    1月14日号

  • 区内3,755人が門出

    成人式

    区内3,755人が門出 社会

    密避け、2会場で分散開催

     横浜市の成人式「成人の日を祝うつどい」が1月11日(月)に開催される(主催=横浜市、横浜市教育委員会、横浜市選挙管理委員会、横浜市「成人の日」記念行...(続きを読む)

    1月7日号

  • 「安全安心の五輪やりきる」

    新春知事インタビュー

    「安全安心の五輪やりきる」 経済

    感染防止へマスク会食も訴え

     タウンニュースは神奈川県の黒岩祐治知事に年頭インタビューを行った。知事は、新型コロナウイルスへの対応を振り返ると共に、東京五輪開催へ強い意欲を見せた...(続きを読む)

    1月7日号

  • 「気づき」の輪で見守りを

    中里北部地区

    「気づき」の輪で見守りを コミュニティ社会

    連絡会が本格スタートへ

     住民や児童・学生、地域で働く人々が連携し、まちで見守りの輪を広げる取組みが中里北部地区で進んでいる。地域ケアプラザが窓口となり、学生まで含めて地域全...(続きを読む)

    1月1日号

  • 「球団10年目を飛躍の年に」

    (株)横浜DeNAベイスターズ

    「球団10年目を飛躍の年に」 スポーツ

    岡村社長 新春インタビュー

     年々観客動員数を伸ばしてきた横浜DeNAベイスターズは2020年、横浜スタジアムの約5000席の増席工事を終え、さらなる飛躍の年とするはずだった。新型コロナで...(続きを読む)

    1月1日号

  • グランプリ目指し本番へ

    ミス日本コンテスト

    グランプリ目指し本番へ 社会

    青葉区在住 川内美月さん

     1月24日、25日に都内で開催される第53回ミス日本コンテスト2021のファイナリスト13人の中に、青葉区在住の川内美月(みずき)さん(22)が選ばれている。...(続きを読む)

    1月1日号

  • 「コロナ対策、最優先に」

    林市長インタビュー

    「コロナ対策、最優先に」 経済

    IR誘致は継続へ

     本紙では新年の幕開けにあたり、林文子市長にインタビューを行った。市長は新型コロナウイルス感染症対策に最優先に取り組む姿勢をみせつつ、横浜の成長を見据え市民、事...(続きを読む)

    1月1日号

  • 2人・2団体を表彰

    市防犯功労者

    2人・2団体を表彰 社会

    松澤さんが特別功労者に

     地域防犯活動において功績等のあった個人・団体を横浜市防犯協会連合会が表彰する「防犯功労者」が発表され、青葉区からは2人・2団体が12月15日に表彰された。...(続きを読む)

    12月24日号

  • 全国の舞台で躍動誓う

    桐蔭学園高校

    全国の舞台で躍動誓う スポーツ

    ラグビー部、サッカー部

     桐蔭学園高校のラグビー部とサッカー部が、年末に開幕する「第100回全国高校ラグビーフットボール大会」と「第99回全国高校サッカー選手権大会」にそれぞれ神奈川県...(続きを読む)

    12月24日号

  • 住宅地から地域活性化

    住宅地から地域活性化 経済

    新たな商店会が発足へ

     もみの木台や荏子田、美しが丘西地区などを「奥あざみ野」「奥たまプラーザ」と位置付け、住宅地に点在する店舗や地域を盛り上げる商店会組織が来年発足する。プレイベン...(続きを読む)

    12月17日号

  • 申し込み、5割に満たず

    ICT出張講座

    申し込み、5割に満たず 社会

    市「可能な限り対応したい」

     市がICT(情報通信技術)の活用を支援する「横浜市自治会町内会新しい活動スタイル応援事業」で、オンライン会議の体験ができる講座の応募が10日時点で全体の約5割...(続きを読む)

    12月17日号

  • 中高生の活動拠点、新設

    中高生の活動拠点、新設 コミュニティ教育

    世代超え集える居場所に

     中高生らが気軽に集い、異世代交流や社会参加プログラム等の体験活動を行う「青少年の地域活動拠点」が11月、市ケ尾町に新設された。横浜市が青少年育成施策...(続きを読む)

    12月10日号

  • ドクターカーの導入進む

    救急医療

    ドクターカーの導入進む 社会

    高齢化で需要増加

     119番通報を受け、救急現場に医師や看護師を派遣する「ドクターカー」の配備が横浜市内で進んでいる。3年前に導入した横浜医療センター=戸塚区=や市民総合医療...(続きを読む)

    12月10日号

  • 3年ぶり神奈川制覇

    桐蔭学園サッカー部

    3年ぶり神奈川制覇 スポーツ

    県代表で選手権へ

     第99回全国高校サッカー選手権大会の神奈川県2次予選決勝が11月28日、ニッパツ三ツ沢球技場で行われ、青葉区鉄町の桐蔭学園高校が桐光学園高校を3対2で下し、3...(続きを読む)

    12月3日号

  • 「見守りシール」普及進まず

    認知症高齢者等

    「見守りシール」普及進まず 社会

    活用事例は2年で27件

     認知症が原因で行方不明になった高齢者の早期発見・保護につなげようと横浜市が進める「見守りシール」事業が3年目を迎える。二次元コードを読み込みコールセンターに連...(続きを読む)

    12月3日号

  • 地元の大人が“手洗い講座”

    荏子田小学校

    地元の大人が“手洗い講座” 社会

    児童との交流楽しむ

     市立荏子田小学校で11月12日、荏子田自治会のボランティアが児童に正しい手洗い方法を指導する「手洗い講座」が行われた。大手化学メーカーの花王株式会社が企画し、...(続きを読む)

    11月26日号

  • ピーク時の5分の1に

    喫煙禁止地区過料処分

    ピーク時の5分の1に 社会

    マナー向上は依然課題

     横浜市は街の美化や危険防止の観点から、人通りの多い場所や繁華街など8地区を喫煙禁止地区に指定し、違反者には2千円の過料徴収を行うなど、分煙環境の維持に努めてき...(続きを読む)

    11月26日号

  • 認知症治療の中核に

    横浜総合病院

    認知症治療の中核に 社会

    支援体制の充実に期待

     横浜市内の認知症に関する医療提供体制の中核を担う「認知症疾患医療センター」に、新たに横浜総合病院(平元周院長)=鉄町=が選ばれた。専用相談窓口の設置のほか、か...(続きを読む)

    11月19日号

  • 年度内に8年ぶり改定へ

    横浜特別自治市大綱

    年度内に8年ぶり改定へ 社会

    市、引き続き国へ要望

     大都市制度のあり方について全国的に関心が高まる中、特別自治市の実現をめざす横浜市は来年3月をめどに「横浜特別自治市大綱」を8年ぶりに改定したい考えだ...(続きを読む)

    11月19日号

  • 夏以降、増加傾向に

    横浜市内自殺者

    夏以降、増加傾向に 社会

    市、目立つ若年層にネット活用

     全国的に夏以降の自殺者増が報じられているが、横浜市でも8、9月は対前年同月比でプラス計17人で増加傾向にあることがわかった(警察統計暫定値)。中でも若年層の割...(続きを読む)

    11月12日号

  • 都市公園コンクールで受賞

    荏子田太陽公園愛護会

    都市公園コンクールで受賞 社会

    コミュニティ活動等が評価

     荏子田太陽公園のバラ園を管理している荏子田太陽公園愛護会(増田健一会長)は10月28日、第36回都市公園等コンクールで国土交通省都市局長賞を受賞した。...(続きを読む)

    11月12日号

  • 区内大学生3人がプロへ

    ドラフト会議

    区内大学生3人がプロへ スポーツ

    西武、渡部選手を1位指名

     プロ野球ドラフト会議が10月26日に都内で行われ、区内からは桐蔭横浜大学=鉄町=の渡部(わたなべ)健人内野手が埼玉西武ライオンズから1位で指名を受け...(続きを読む)

    11月5日号

  • 「Go To」で活気戻るか

    市内商店街

    「Go To」で活気戻るか 経済

    効果の一過性に懸念も

     コロナ禍で客足が減る商店街を国が支援する「GoTo商店街事業」がこのほど、横浜市内でも始まった。市はこれまで商店街に一時金を支給する事業などを実施してきたが、...(続きを読む)

    11月5日号

  • 知事賞に伊藤さん

    学生科学賞県作品展

    知事賞に伊藤さん 教育

    すすき野中は学校賞受賞

     中高生を対象にした日本最高峰の科学コンクールとされる「日本学生科学賞」の神奈川県作品展の審査が10月8日に行われ、すすき野中2年の伊藤悠さんが最優秀...(続きを読む)

    10月29日号

  • 事業のオンライン化推進

    市内ケアプラ等

    事業のオンライン化推進 社会

    全館にWi−Fi整備へ

     コロナ禍で地域の福祉活動が制限される中、市は地域ケアプラザ等の事業のオンライン化を進めていく方針だ。そのためのICT環境整備として、市内ケアプラザ140カ所と...(続きを読む)

    10月29日号

  • 新人賞で詩集を出版

    区内在住草間さん

    新人賞で詩集を出版 文化

    地域での日常、散りばめて

     青葉区奈良在住の詩人、草間小鳥子さん(33)が詩集『あの日、水の森で』(土曜美術社出版販売)を10月25日に出版する。草間さんは2018年に「詩と思想」新人賞...(続きを読む)

    10月22日号

  • 外国人の相談窓口開設

    横浜市居住支援協議会

    外国人の相談窓口開設 社会

    国の人手不足対策と連動

     横浜市と不動産関係団体などで構成される「横浜市居住支援協議会」が10月1日、外国人世帯に対する住まいの無料相談窓口を初めて開設した。外国人人口が増加する中...(続きを読む)

    10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter