緑区版 掲載号:2011年1月27日号
  • googleplus
  • LINE

戸建て火災警報器 設置件数4割届かず 全戸訪問結果件数まとまる

住宅用火災警報器
住宅用火災警報器

 消防法により5月31日までに設置が義務付けられている住宅用火災警報器設置を呼びかけようと緑消防署(渋谷豊美署長)らが昨年7月から12月までに実施した戸建て全戸訪問の結果がこのほどまとまった。それによると区内約2万世帯を訪問し、対面できたのが約1万2千世帯でこのうち設置していたのは4割弱だった。すでに訪問後設置を行った世帯もみられるが、緑署では「まだ低い件数」と話している。

 昨年の全戸訪問では29023戸を対象に実施。啓発チラシを手に住宅用火災警報器の設置及び点検を呼びかけた。その結果、設置済と確認が取れたのは4782戸で、未設置が7455戸。8686戸が訪問時に不在だったため、設置済みかどうかの確認が取れていない。

 緑消防署では「高齢者の方が積極的に設置しているようだ」と分析する一方、若い世帯が「設置をしなくても火災に気づいたら逃げられるので」と断られるケースもあったとし、設置する住民側の意識の違いも指摘している。

自治会単位で設置に取組む

 小山町自治会(宮田文夫会長)では、一昨年の役員会で住宅用火災警報器の設置義務化を取り上げ、自治会で積極的に取組むことを決定した。その後、地元の消防団と協力して戸別に訪問。自治会で費用を負担するなどした結果、ほぼ全ての戸建て約300戸の設置が行われた。

 区内では、警報器を事前に設置していたことで大事にいたらなかった実例も確認されている。緑消消防署では「大切な命や財産を守り、安全・安心して避難するための道具ですので1日も早い設置をお願いします」と呼び掛けるとともに、3月からは駅頭でのキャンペーンを実施し、随時設置を訴えていく予定だ。

 警報器などへの詳細は緑消防署(【電話】045・932・0119)まで。
 

3/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6件

公共施設の「多目的化」推進へ

育てた米で団子づくり

三保小5年生

育てた米で団子づくり

3月15日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月8日号

市が民間団体と協定

ひとり親家庭支援

市が民間団体と協定

3月8日号

ラグビーW杯へ工事着々

日産スタジアム

ラグビーW杯へ工事着々

3月8日号

ビーコルセンター誕生

セン北駅前

ビーコルセンター誕生

3月1日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク