緑区版 掲載号:2011年3月17日号
  • googleplus
  • LINE

福祉職の魅力をPR 市社協のシンポに200人

「支え」について講演する小澤氏
「支え」について講演する小澤氏

 社会福祉法人横浜市社会福祉協議会は3月5日、中区桜木町にある横浜市健康福祉総合センターで「介護の現場を伝えるシンポジウム」を開催し、約200人が参加した。

 これは需要拡大が見込まれる介護分野の仕事について、未経験者に魅力を伝えようと企画されたもの。当日は終末期医療の専門家で、めぐみ在宅クリニックの院長でもある小澤竹俊氏が「いのちの大切さから学ぶ」と題して講演を行った。

 小澤氏は体験談として「苦しみがあっても人は支えがあると穏やかになる」と、相手を支える重要性と福祉の仕事の大切さを語った。

 続いて障害・高齢福祉施設や介護福祉士養成校の現場スタッフがパネルディスカッションを行い、実際の仕事について説明。参加者はメモをとるなど、熱心に聞き入っていた。
 

3/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

緑区版のローカルニュース最新6件

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク