緑区版 掲載号:2011年3月31日号
  • googleplus
  • LINE

県立四季の森公園で4月末まで開催中の「クモの彩糸写真展」の出展者 金子 秋夫さん 中山町在住 67歳

自然愛する”四季の森の主”

 ○…四季の森公園を散策していた3、4年前、クモの巣が一瞬光り輝いたのがふと目に止まった。「どうにかして撮ってやろう」と心の中でつぶやいた。それからというもの、マイクロレンズと独学で磨き上げた技量を頼りにカメラのファインダーを覗き続けた。「光の反射で光るのは本当にわずかな時間なんだよ」。公園での写真展開催は氷を題材にした昨年に続いての第2弾。共通しているのは不思議な光の世界を表現したという点だ。

 ○…産まれも育ちも中山。子どもの頃は周辺に多く残っていた野山を駆け巡り、釣りやベーゴマ、竹を加工して作った竹馬などで遊んだことを思い返す。「四季の森公園には子どものころを思い出すような自然が残っていて嬉しい」。自宅は数年前まで祖父母の代に始めた金子酒店を営んでいた。「配達はスピードが命」と自身が考える1番のサービスを語る。地域での長年の信頼をもとに、中山駅周辺の発展を見守ってきた。

 ○…新婚旅行前に初めて購入したフィルムカメラを四季の森公園ができた昭和63年、再び手に持った。花や鳥などを中心に「きれいだ」と感じたものを被写体に撮影するようになり、20年以上続く本格的な趣味となった。今では午前中は撮影、夕方は散歩にと1日2度園を訪れている。「公園の主だね」と、日焼けした顔で笑う。父親が亡くなる数年前の春、家族で公園へ花見に出かけた時、父親の優しい表情を写した1枚は「忘れられない写真」。

 ○…写真展の会場に置いてあるノートを見るのも期間中の楽しみの一つ。そこには”クモの巣博士だ””次回も楽しみ”など自身を称える言葉の数々が書き込まれている。「プレッシャーになるね」と話しながらもどこか嬉しそう。自然豊かな公園が身近にあることに日々感謝の気持ちを忘れない。「体が動くうちは公園に行く」。今後も独自の視点で身近な自然を撮り続けていく。
 

3/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

緑区版の人物風土記最新6件

都築 利正さん

地域デビューを応援する「人生楽笑・次代塾」の企画運営を行う

都築 利正さん

3月15日号

ふじい みのりさん

音楽教育やライブを行い、音楽で地域を盛り上げる活動に取り組む

ふじい みのりさん

3月8日号

中島 進市さん

観察会を定期開催し、自然の魅力を次世代に伝える

中島 進市さん

3月1日号

作田 豊彦さん

鴨居第四地区自治会長を務める

作田 豊彦さん

2月22日号

小宮山 政行さん

鴨居第三地区自治会長を務める

小宮山 政行さん

2月15日号

吉田 昌司さん

今月40周年を迎えるボーイスカウト横浜第95団の団委員長を務める

吉田 昌司さん

2月8日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク