緑区版 掲載号:2011年4月14日号
  • googleplus
  • LINE

電子看板で情報発信 長津田地区センター

電子看板を使用する来場者(左)。パネルには長津田地区センターの情報が映し出されている。
電子看板を使用する来場者(左)。パネルには長津田地区センターの情報が映し出されている。

 長津田地区センター(西窪一司館長)にこのほど、46インチのデジタルサイネージ(電子看板)が導入された。

 電子看板はタッチパネル式になっており、画面に触れると、地区センターの施設紹介やお知らせ、自主事業の案内などが見られる。今後は、横浜市や緑区役所、周辺自治会や学校などの情報も取り入れていきたいとしている。

 長津田地区センターは今年4月1日から、株式会社清光社が指定管理者として管理運営している。期間は平成28年3月末日までの5年間。

 西窪館長は「これまで以上に利用者にとって利便性の高い施設にしていきたい。地域のコミュニケーションが取れる場として利用して頂き、地区センターから緑区、横浜市へと輪が広がっていけば」と話している。
 

3/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

緑区版のローカルニュース最新6件

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク