緑区版 掲載号:2011年5月26日号
  • googleplus
  • LINE

日本最古の窯で作品づくり 白山高校の穴窯で窯出し

教育

600の陶芸作品が焼きあがった
600の陶芸作品が焼きあがった

 日本最古の様式といわれている穴窯が、区内白山高校に設置されている。

 穴窯は薪を使うため、薪の灰が作品に自然に降りかかる。そのため、置く場所によって全く違った焼き上がりを見せる。

 同校では毎年、穴窯で美術科コースの生徒や美術部員らを中心に、陶芸作品を製作。今年も4月下旬から5月にかけて行われた。

 作品を焼き上げる工程では、4日間焼き続け、その間、生徒や職員らは学校に泊まり温度調節を行った。窯から作品を出す「窯出し」の作業では600の作品を見て、生徒らは喜びをあらわしていた。

 同校の竹田一宏教諭は「白山高校の伝統行事の一つです。次回は夏休みの8月19・20・21日に行う予定ですので、ぜひ地域の方々にも見学に来て欲しい」と話している。
 

窯に薪を入れる参加者
窯に薪を入れる参加者

3/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

緑区版のローカルニュース最新6件

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク