緑区版 掲載号:2011年7月21日号
  • googleplus
  • LINE

創造と森の声 森とアートの融合 国内外14人の作家が制作

写真は昨年のワークショップの様子
写真は昨年のワークショップの様子

 野外芸術イベント『創造と森の声2011』が今月31日から9月25日まで開催される。横浜動物の森公園予定地(三保町2811)を会場に、今年は国内外で活躍する作家などを招き、会場を美術展にする。23日にはよこはま動物園(ズーラシア)でプレイベントも行われる。

 今回で15回目となる『創造と森の声』。GROUP創造と森の声(石山克幸実行委員長)が主催し毎年テーマを変えて実施してきた。今年は『横浜の森美術展4』と題して日本内外の作家14人が、自然をもとに作品を制作、美術展を開く。

23日(土)にプレイベント

 今月23日(土)には、森の丸太や小枝を使い制作するプレイベント『つくろう!未来の森の動物たち』がよこはま動物園で開催される。31日(日)から8月13日(土)は制作期間となっており、参加作家を講師に招いて森の木彫体験教室や、木版リトグラフ体験などが予定されている。また、期間中いつでも参加できる『森の共同制作』では、織物体験や竹キャンドルづくりも行われる。

 石山実行委員長は「制作期間では、参加してもらう作家の制作現場を見ることができるので、『どのように作っているのか』など、肌で感じてもらうことができます。今年も一般参加できる企画も多くあるので、ぜひ参加して頂ければ」と話している。

 なお、8月14日(日)にはオープニングイベントが、制作された作品は14日から9月25日(日)まで展示される。また、今回も市営地下鉄中山駅ラブニール橋や緑区市民活動支援センターにも展示される予定。期間は8月22日(月)から9月3日(土)まで。

 同イベントに関する詳細は(【電話】045・933・1460)事務局まで。
 

3/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6件

公共施設の「多目的化」推進へ

育てた米で団子づくり

三保小5年生

育てた米で団子づくり

3月15日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月8日号

市が民間団体と協定

ひとり親家庭支援

市が民間団体と協定

3月8日号

ラグビーW杯へ工事着々

日産スタジアム

ラグビーW杯へ工事着々

3月8日号

ビーコルセンター誕生

セン北駅前

ビーコルセンター誕生

3月1日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク