緑区版 掲載号:2011年7月21日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市教育委員会 被災地で学習支援 新任教諭ら約1000人を派遣

社会

横浜市内で使われている学習ドリル(写真)、これらをもとに被災地用の学習ドリルが再編集される
横浜市内で使われている学習ドリル(写真)、これらをもとに被災地用の学習ドリルが再編集される

 東日本大震災で甚大な被害を受けた東北地方。被災地支援の一環として横浜市教育委員会はこのほど、新任教諭を中心とした約1000人が参加する”石巻子ども学習支援隊”を編成。特に被害の大きかった宮城県石巻市へ派遣することを決めた。

 横浜市教育委員会は震災後の5月上旬、宮城県庁や石巻市を訪問。現地の教育委員会を訪れ状況を確認し、援助の一環として今回の学習支援事業に取り組むこととなった。

 派遣される教諭は、日程の調整が容易なこともあり、今年度の新任教諭約700人が中心。そこに経験のある一般の教諭や校長なども加わり、約1000人が”石巻子ども学習支援隊”として現地へ赴く。派遣の期間は8月1日(月)から12日(金)まで。これは震災の影響による授業の遅れのため、例年より短くなった現地の夏休み期間に合わせたもの。教諭一人あたり3日間の日程で参加し、石巻市内17会場(1日あたり7から9会場)で”出前授業”を行う予定だ。

独自の学習ドリルも持参

 授業では児童・生徒が持参した学習課題や教材に応えるほか、横浜市内で実際に使われている国語と算数の「学習ドリル」を再編集したものも使用する。再編集にあたり、特に国語では漢字の書き取りなどの問題の中で「海」や「港」など、震災を連想させるような語彙を外すなどの配慮がなされている。また、派遣される教諭らにも、臨床心理士から被災地の児童・生徒と接する際の留意点などの説明が行われるなど、細心の注意が払われる。

 「新任教諭が中心ということで心配の声もありましたが、個人の活動ではなくチームの活動ですので心配はないです。子どもたちの学習支援はもちろん、現地の先生方が少しでも休めるようになれば」と横浜市教育委員会では話している。
 

3/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6件

公共施設の「多目的化」推進へ

育てた米で団子づくり

三保小5年生

育てた米で団子づくり

3月15日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月8日号

市が民間団体と協定

ひとり親家庭支援

市が民間団体と協定

3月8日号

ラグビーW杯へ工事着々

日産スタジアム

ラグビーW杯へ工事着々

3月8日号

ビーコルセンター誕生

セン北駅前

ビーコルセンター誕生

3月1日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク