緑区版 掲載号:2011年7月28日号
  • googleplus
  • LINE

中山駅南口 グリーンベルトで"安全道"に 地元要望で歩行スペース確保

社会

緑色のカラーベルト部分を通る歩行者
緑色のカラーベルト部分を通る歩行者

 中山駅南口前の路側帯にこのほど、緑土木事務所が緑色のカラー舗装を施した。舗装された道は幅が狭く、交通量も多いことから地元の中山商店街から「歩行者が安全に通れるようにしてほしい」と要望があった道。今回、路側帯に色をつけることで歩行者空間を確保した。

 緑色に舗装された路側帯は、中山駅南口の横浜銀行周辺から踏み切りまでの約150m。この通りは、通勤、通学などで人通り、交通量が多く、道が狭い。駅前で路線バスも多く通り、歩行者からは「安全に通れない」という声が中山商店街に寄せられていた。

 昨年秋、台村町交差点から中山駅南口までの通りを緑色に舗装したところ、歩行者からは「スペースが確保され歩きやすくなった」との声が多かったことから、今回の舗装が実施された。

スクールゾーン以外では初

 横浜市では、交通安全対策の一環としてスクールゾーンにカラー舗装を施す『あんしんカラーベルト事業』を平成19年度から実施しており、区内の学校周辺にも舗装されている。

 緑土木事務所によると、中山駅南口前の舗装は、同事業とは別に行ったもので、スクールゾーン以外では初となる。「地元の強い要望があり今回実施しましたが、極めて珍しいケースです。これを機に中山駅前の交通が少しでも改善されれば」と緑土木事務所は話す。

 中山商店街の加藤龍昭理事長は「地元からも喜びの声があがっています。歩行者、ドライバーともに、お互いが譲り合い”安心・安全歩行”できる通りにしていきたい」と話している。
 

3/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6件

公共施設の「多目的化」推進へ

育てた米で団子づくり

三保小5年生

育てた米で団子づくり

3月15日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月8日号

市が民間団体と協定

ひとり親家庭支援

市が民間団体と協定

3月8日号

ラグビーW杯へ工事着々

日産スタジアム

ラグビーW杯へ工事着々

3月8日号

ビーコルセンター誕生

セン北駅前

ビーコルセンター誕生

3月1日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク