緑区版 掲載号:2011年8月25日号
  • googleplus
  • LINE

スポーツ基本法 課題山積でスタート 横浜では「総合型地域クラブ」が拠点に

スポーツ

 スポーツ行政の基礎、根拠になる「スポーツ基本法」が8月24日に施行された。前文でスポーツを国民の権利としており、地域レベルでの推進や支援など国や地方公共団体の責務を明確化している。横浜市では21カ所で自主運営する拠点「総合型地域スポーツクラブ」などを軸に、市民ニーズに応えていく構えだ。

 この法律は東京五輪を3年後に控えた1961年に制定された「スポーツ振興法」が50年ぶりに全面改正されたもの。スポーツ推進の基本計画づくりを地方自治体に求めるほか、指導者養成や学校施設の利用などを施策に盛り込んでいる。

 文部科学省が昨年発表した「スポーツ立国戦略」では、多世代が多種目を楽しむことができる「総合型地域スポーツクラブ」を主軸の一つとしている。横浜市は13区、21カ所に総合型クラブを設置(=表)。NPO法人などが市や市体育協会と連携しながら運営する。

 市による06年からの5カ年計画「いきいきスポーツプラン2010」では、総合型クラブを18区に最低各1カ所以上設置する目標を掲げているが、神奈川区に5カ所ある一方で、西区、港北区、瀬谷区、磯子区、港南区は未設置のままだ。

 中期4か年計画で、市は週1回以上スポーツをする成人の割合を再来年度までに51・7%(09年度)から55%以上にする目標値を定めているほか、今年度予算で総合型クラブ等への支援に1308万円を充てる。

 市内クラブの連絡協議会事務局長を務めるNPOかながわクラブ(神奈川区)の内田佳彦理事長は「施設の確保や資金、人材養成など課題は多い。基本法は追い風だが、大切なのはクラブの熱意」と強調する。それぞれ競技種目や方向性が異なる中、協議会としてあるべき支援を模索する。

 現状、総合型クラブは独自の施設を持てず、公立学校の施設等を活用しているケースがほとんど。競争率の高い学校施設で活動する以上、地域に受け入れられるクラブでなければならない。町内会や商店街の行事に参加するなど、地域で存在感や認知度を高めていくことが急務と言えそうだ。
 

3/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6件

公共施設の「多目的化」推進へ

育てた米で団子づくり

三保小5年生

育てた米で団子づくり

3月15日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月8日号

市が民間団体と協定

ひとり親家庭支援

市が民間団体と協定

3月8日号

ラグビーW杯へ工事着々

日産スタジアム

ラグビーW杯へ工事着々

3月8日号

ビーコルセンター誕生

セン北駅前

ビーコルセンター誕生

3月1日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク