緑区版 掲載号:2011年9月15日号
  • googleplus
  • LINE

DV被害者 切れ目なく守る 横浜市が相談支援センターを新設

社会

横浜市のDV相談件数
横浜市のDV相談件数

 横浜市は今月から県内市町村初となる「DV相談支援センター」を開設した。専用回線による電話相談、予約制面接相談をはじめ、配偶者や親、子、恋人などからの暴力に苦しむ被害者の支援体制を強化し「相談、安全確保から自立まで切れ目のない支援」を目指す。

 配偶者からの暴力事案認知件数は県内で年々増加傾向にあり、2009年中で2170件にのぼる(県警調べ)。一方、市内各区の福祉保健センターや男女共同参画センターに寄せられたDV相談数は、過去5年間で年間平均約3800件と、横ばいの状態が続いている(上表)。緑区では、昨年度、女性福祉相談には261件の相談が寄せられ、うち、夫の暴力に関する内容が121件と約半数がDVによる相談だった。

 DV相談支援センターは相談のみならず、一時保護、保護命令に関する相談、地方裁判所への書面提出、就業支援、自助グループの紹介なども行う。また、配偶者に知られることなく、健康保険の被扶養者から抜ける手続きや、年金・子ども手当などの受給変更手続きをする際に必要な「来所相談証明書」も発行する。

 市こども青少年局こども家庭課児童虐待・DV対策担当の須山次郎係長は、「暴力を受けていながらも『自分にも悪い点があるのでは』という迷いから、相談に踏み切れないケースが多い」と指摘。その上で、「【1】殴られる、蹴られる【2】一方的に大声で怒鳴られる、ののしられる【3】浮気をしていないのに、しつこく疑われる、責められる【4】生活費をもらえない―などの行為は、すべて暴力。独りで悩まず、気軽に相談して頂きたい」と呼びかけている。

【相談窓口】

【電話】045・671・4275(月〜金曜の午前9時半〜正午/午後1時〜4時半。祝日・年末年始除く)

【電話】045・865・2040(月〜金曜の午前9時半〜午後8時。土日・祝日の午前9時半〜午後4時。第4木曜と年末年始除く)
 

3/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

緑区版のローカルニュース最新6件

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク