緑区版 掲載号:2011年9月22日号
  • googleplus
  • LINE

使用済みインクカートリッジ 市が回収箱設置へ  10月から272施設で

真ん中のイラストが目印
真ん中のイラストが目印

 横浜市は10月1日から、プリンターメーカー6社が行っている家庭用使用済みインクカートリッジリサイクル事業に参加する。市内272施設に、カートリッジ回収箱を設置し、燃やすごみの減少、CO2排出量削減などを目指すとしている。

 この取り組みは『インクカートリッジ里帰りプロジェクト』といわれるもの。6社が家庭用使用済みインクカートリッジを郵便局や公共施設などで回収し、各メーカーのリサイクル工場でカートリッジ部品やパレット、コンテナなどに再利用する。3年前からスタートし、125の自治体で取り組まれ、全国的に広がりをみせている。すでに県内では相模原市、川崎市が参加しており、横浜市は10月からとなる。

 横浜市では、使用済みインクカートリッジは燃やすごみとして取り扱われる。市では、昨年度から進める「ヨコハマ3R夢(スリム)プラン」の基本計画で具体的に取り組む施策として、家庭系ごみの減量・リサイクル、適正処理対策などをあげており、今回のプロジェクトは3R夢プランと共通すると判断、参加を決めた。

 このプロジェクト効果により年間約144トン(カートリッジ約578万個分)、400トン(杉の木約2万9千本)のCO2削減を見込む。燃やすごみ削減を掲げる横浜市では”資源循環型”の取り組みになると考えている。

緑区は13

 回収箱は、市内各区役所のほか、地区センター、図書館、地域ケアプラザ、各区資源循環局収集事務所など、全域272施設(緑区は13)に置かれる。この数は、参加自治体の中でも一番多く、全国最多となる。回収対象は、家庭用(インクジェットプリンター)のみとなっており業務用は対象外となっている。

 同プロジェクト事務局によると「政令市の中でも人口が一番多い横浜市に参加頂いたことは、ごみの焼却量を含め大きな効果が生まれるのではないかと思う。また全国にも大きな影響があるのではないか」と期待する。

 横浜市の担当者は「家庭で使用しているものを再利用できるこのプロジェクトに、多くの市民に参加して頂きたい。資源の循環、燃やすごみ減少に少しでも協力して頂ければ」と話している。
 

3/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6件

公共施設の「多目的化」推進へ

育てた米で団子づくり

三保小5年生

育てた米で団子づくり

3月15日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月8日号

市が民間団体と協定

ひとり親家庭支援

市が民間団体と協定

3月8日号

ラグビーW杯へ工事着々

日産スタジアム

ラグビーW杯へ工事着々

3月8日号

ビーコルセンター誕生

セン北駅前

ビーコルセンター誕生

3月1日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク