緑区版 掲載号:2011年10月20日号
  • googleplus
  • LINE

緑区内放射線量 小中3校で基準値超え 清掃後は数値下回る

基準値を超えた測定箇所
基準値を超えた測定箇所

 横浜市は先月、港北区内で周辺より高い放射線量が検出されたマイクロスポットが確認されたことを受け、緊急的に全市立小中学校で測定を行っている。13日現在、区内からは小中学校3校から市が再測定の目安とする0・59マイクロシーベルトを超える数値が検出された。市は「清掃後は数値も下がっているので安全」と話している。

 区内の市立小中学校22校では、6月から8月にかけて校庭の放射線測定を実施したが、いずれも高い数値は検出されていなかった。

 今回は、各校でマイクロスポットとなる可能性が高い「雨樋の下」「雨水枡」「校庭隅の吹き溜まり」などの測定を実施している。その中で、6日には鴨居中学校(高橋功校長)で屋上排水口付近の一部から0・86マイクロシーベルトを検出。12日には鴨居小学校(大森英司校長)でも同じく屋上排水口付近の一部から0・92という数値が検出された。続く13日は、緑小学校(田子康之校長)の体育館裏の植込み盛土の一部から0・98マイクロシーベルトが確認された。

 各校では、即日堆積物を撤去。再測定の結果数値はいずれも基準値を下回っている。なお、撤去された堆積物は各校とも二重のビニール袋に密閉し、児童生徒が立ち入らない安全な場所へ保管。市は今後の処分方法などを放射線対策部で検討していくとしている。今後同測定は順次行われ、10月末までに終了する。

 市では認可保育所のほか、県が管轄する私立幼稚園の園庭においても放射線量測定を実施している(11月末終了予定)。

鴨居地区で3校

 今回市の基準値を超える放射線量が検出されたのはいずれも鴨居地区。これに対し市教育委員会は「砂塵や落ち葉などが堆積し吹き溜まってしまった事が原因。3校の関連性は考えづらい」と分析している。

 今後市では、今年度中に全市立小中学校に放射線測定器を配布し、各校で定期的に測定数値を把握するとともに幼稚園などへの貸し出しも行っていく考えだ。
 

3/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6件

公共施設の「多目的化」推進へ

育てた米で団子づくり

三保小5年生

育てた米で団子づくり

3月15日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月8日号

市が民間団体と協定

ひとり親家庭支援

市が民間団体と協定

3月8日号

ラグビーW杯へ工事着々

日産スタジアム

ラグビーW杯へ工事着々

3月8日号

ビーコルセンター誕生

セン北駅前

ビーコルセンター誕生

3月1日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク