緑区版 掲載号:2012年2月23日号
  • googleplus
  • LINE

ボランティアすずめの会 500枚の絵手紙を展示 ケアプラとの交流を区役所で

展示される作品の一部
展示される作品の一部

 区内のボランティアグループ「すずめの会」が3月5日(月)から9日(金)の間、緑区役所ロビーで絵手紙の展示会を実施する。期間中は、同会が鴨居地域ケアプラザのデイサービス利用者へ4年間に渡り送り続けて交流した約500枚の作品が紹介される。

 展示会「鴨居地域ケアプラザ・デイサービスとの絵手紙交流4年間の歩み」を実施するのは、同地域ケアプラザ(社会福祉法人青光会運営)のデイサービス利用者を対象に、ボランティアで講座を行っている絵手紙愛好グループ「すずめの会」(水村銑子代表)。

 「絵手紙を通して地域で何かボランティアができれば」と考えていた同会が、ケアプラザで講座を開始したのは、2008年1月。現在も月に1回、水村代表・森本澄枝さん・網井恭代さんの3人で指導を行っている。

 水村代表らは、講座開始と同時に「利用者へ絵手紙を贈ることで、季節感を感じるとともに、少しでも心が和むのではないか」と考え、講師3人で作成した絵手紙を定期的にケアプラザへ送り始めた。干支や季節の花、果物をデザインした作品に利用者へのメッセージを添えたもので、4年間で500枚を超えた。

 作品はこれまで、施設の壁面に展示するなどして保管されていたが、同会は「自分たちの活動の足跡を振り返ると共に、より多くの人に作品を見てもらい、絵手紙を通じたボランティアを知って欲しい」と考え、展示会の開催を決定した。

 展示会を前に水村代表は、「講座では、利用者の目線に立っての指導を心がけています。何より”楽しかった”と言ってもらえると私たちも元気をもらえますし、それが継続的な取り組みにつながっていると思います」と話す。また、「講座の時間はもちろん、毎月送っていただいている作品を見た利用者の表情は、自然と明るくなっています」と、ケアプラザ職員は話す。

 作品の展示期間は、3月5日から9日の5日間。午前9時から午後5時まで区役所1階ロビーで自由に閲覧が可能(初日は午前10時から、最終日は午後3時まで)。
 

緑区版のトップニュース最新6件

部活休養日、週2以上へ

横浜市立中

部活休養日、週2以上へ

2月15日号

混雑緩和策で6両化へ

市営地下鉄グリーンライン

混雑緩和策で6両化へ

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

セン南駅で旅券発給へ

横浜市

セン南駅で旅券発給へ

2月8日号

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月1日号

水道管凍結 区内でも多発

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

礒井純充氏が講演会

礒井純充氏が講演会

「まちライブラリー」語る

2月25日~2月25日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク