緑区版 掲載号:2012年7月5日号
  • googleplus
  • LINE

横浜DeNAベイスターズの社長室兼地域貢献室室長に就任した 壁谷 周介さん 川崎市在住 34歳

子どもと野球の未来のために

 ○…「この仕事は球団はもちろん、ファンや県民の方々にとっても重要なもの。そのプレッシャーを日増しに感じています」。言葉を選びながら話す語り口に責任の重さが感じられる。横浜DeNAベイスターズが昨年末に一般公募した「社長室兼地域貢献室室長」に、千人を超える応募の中から選ばれた。応募のきっかけは「直感。募集広告を見て”ビビッ”ときました」と爽やかな笑顔を見せる。

 ○…一橋大学を卒業後、ソニー株式会社に入社。その後、世界的なコンサルティング会社に転職し、事業戦略やマーケティングで数々の大きなプロジェクトに関わってきた。就任から2カ月余の6月7日には今年度の方針を発表。試合に招待したり、幼稚園訪問や野球教室を開催することで、県内の子どもたちと野球の未来に貢献しながら、将来の球団ファンの拡大も狙う。「性格的に足を使って現場を見て回る仕事が自分には合っている。直接ファンや県民の方々にお会いしながら戦略を練っていきたい」と熱い想いを語る。

 ○…「体を動かすことが大好きで、スポーツでは野球が一番好きです」。小学校時代に少年野球チームに所属し、現在は草野球チームでセカンドを務める。中学では陸上部、高校ではラグビー部。今でも週末には10キロのランニングを欠かさず、湘南藤沢マラソンや川崎リバーサイド駅伝にも出場し、トライアスロンも目指す本格派だ。「大好きなスポーツに携わる仕事に就けて本当に幸せです。ぜひ一人でも多くの方に野球やスポーツの楽しさを伝えられたら」と話す。

 ○…妻と二人の娘と暮らす。休みの日は川崎や横浜のショッピングセンターに家族で出掛けることが多い。娘たちを見ながら、幼少期の子どもの成長に果たすスポーツの役割を実感し、「球団として、県内の子どもたちの成長に貢献できるよう活動していきたい」。その両肩に大きな役割が期待されている。
 

緑区版の人物風土記最新6件

小宮山 政行さん

鴨居第三地区自治会長を務める

小宮山 政行さん

2月15日号

吉田 昌司さん

今月40周年を迎えるボーイスカウト横浜第95団の団委員長を務める

吉田 昌司さん

2月8日号

宮下 弘章さん

鴨居杉山神社の節分祭で豆まき役を務める

宮下 弘章さん

2月1日号

加藤 成果さん

緑消防団初の女子大生団員となった

加藤 成果さん

1月25日号

井上 美沙紀さん

緑公会堂で行われる演奏会「音楽の贈りもの」の司会を務める

井上 美沙紀さん

1月18日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

1月11日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

礒井純充氏が講演会

礒井純充氏が講演会

「まちライブラリー」語る

2月25日~2月25日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク