緑区版 掲載号:2012年8月16日号
  • googleplus
  • LINE

「食中毒に気をつけて」 中山で予防キャンペーン

社会

幅広い年齢層が来場した
幅広い年齢層が来場した

 中山とうきゅうで先月31日、緑福祉保健センター・緑区食品衛生協会共催の「食中毒予防キャンペーン」が実施され、約750人が来場した。

 横浜市は8月1日を「市民食品衛生の日」と定めている。同キャンペーンはその一環で、夏場に増える食中毒に関する正しい知識と適切な対応を周知することを目的としている。

 当日会場では、食中毒に関するパネル展示のほか、食中毒危険度チェック、食品衛生相談などを実施。来場者は、食中毒に関する理解を深めていた。

 青砥町在住の新工千香光さんは、「食中毒を起こす菌が増えても、食品の味や臭いは変わらないというのは知らなかった。勉強になりました」と話した。

 また、「食中毒を起こさないためには、菌をつけない、増やさない、やっつけるという3つが重要です」と区職員は話した。
 

緑区版のローカルニュース最新6件

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

礒井純充氏が講演会

礒井純充氏が講演会

「まちライブラリー」語る

2月25日~2月25日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク