緑区版 掲載号:2012年8月30日号
  • googleplus
  • LINE

防災週間 「自分を守る備えを」 区、訓練への参加呼びかけ

社会

 8月30日から9月5日の防災週間を中心に、緑区内の地域防災拠点で防災訓練が実施される。横浜市が今年発表した市民意識調査では、災害発生時に避難する「地域防災拠点」を知らない緑区民が5割以上いる結果が出たことからも、緑区では「この機会に一人でも多くの方にご参加頂きたい」としている。

 緑区内の地域防災拠点は22カ所の小・中学校が指定されており、地区ごとの自治会単位で区分けされている。各拠点では、防災週間を中心とした日程で、年1回以上の防災訓練を実施している。

 緑区によると、復興元年と位置づけられている今年は、より実践を想定した訓練を行う拠点が多くなっているという。資機材取扱のほか、初期消火、拠点の開設や受け入れ確認、炊き出し訓練など、状況に合わせた訓練が予定されている。

 霧の里で行われる防災訓練では、今年も1日(土)から2日(日)にかけて宿泊訓練が予定されており、避難生活を体験することで、いざに備える。

 緑区の担当者は「訓練に参加することで、防災について考える機会として欲しい。自分の身を守るためにも、一人でも多くの方に参加して頂き、できることから今すぐに、準備をして欲しい」と話す。

3月には初の合同訓練

 「安全・安心、みんなにやさしいまちづくり」を基本目標としている緑区では、3月から防災マップと区民生活マップが一体となった「区民生活・防災マップ」を作成。緑区内や近隣の災害時帰宅困難者等支援施設などが載った「帰宅困難者支援マップ」なども配布しているほか、メールアドレスを事前登録することで、災害情報などが得られる「災害情報等Eメール」も実施している。また来年3月11日には各地域防災拠点が連携した合同の訓練を初めて実施し、区全体で減災にむけ取り組んでいく。
 

緑区版のトップニュース最新6件

部活休養日、週2以上へ

横浜市立中

部活休養日、週2以上へ

2月15日号

混雑緩和策で6両化へ

市営地下鉄グリーンライン

混雑緩和策で6両化へ

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

セン南駅で旅券発給へ

横浜市

セン南駅で旅券発給へ

2月8日号

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月1日号

水道管凍結 区内でも多発

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

礒井純充氏が講演会

礒井純充氏が講演会

「まちライブラリー」語る

2月25日~2月25日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク