緑区版 掲載号:2012年8月30日号
  • googleplus
  • LINE

生活道路耐震対策 150橋で「工事必要」 優先順位つけ整備へ

 横浜市は災害対応力強化を目的に橋の地震対策を進めている。震災時の緊急輸送路など重要橋梁と位置付ける橋は2012年度中に大部分が対策工事を終える見通しだが、一方でそれ以外の一般橋梁の対策は進んでいない。

重要橋梁は98%完了

 横浜市は阪神・淡路大震災発生直後の95年度から橋脚補強や橋桁の落橋防止対策、架け替えを進めている。

 市道路局建設部橋梁課で管理している橋は1700ある。その内、緊急輸送路のほか、道路や鉄道を跨ぐ橋など607橋については震災で被害が出た場合に影響が大きい重要橋梁として位置付け、調査の結果、対策が必要な354橋の工事を優先的に進めてきた。今年度も18億5038万円の予算で工事を実施しており、12年度末までに98%にあたる347橋の工事が完了する見込みだ。

 一方、重要橋梁以外の一般橋梁は、今年度から耐震補強工事が必要かどうかの調査を開始したばかりだ。

 調査は阪神・淡路大震災クラスの地震で落橋など損傷が想定されるかどうかを基準とし、旧耐震基準の95年以前に設計された橋で、橋長が25m以上ある橋や橋脚がある橋を対象としている。同課によると耐震補強が必要な橋は150橋程度になると想定しており、今後は地域に密着した生活道路や地域防災拠点までの避難経路にあたる橋、設計が古い橋などを選定し、優先順位をつけて次年度から工事を進める方針だ。

 しかし、優先順位がある以上は着工まで時間がかかる橋も。同課は「10年をめどに完了したい」とし、「極力速やかに着工したい」と話しているが、予算の都合もあり、工事のスピードアップは難しい状況だ。

「危険度公表しない」

 同課は市民の不安をあおりかねないとして、耐震補強が必要な橋について公表する予定はないとしており、市民が生活で使う橋の危険度について知る術がないのが現状だ。同課によると、特に80年以前に設計された橋は脆弱である可能性があるとしているが、「橋の長さが15m未満であれば、おそらく安全であると想定している。また、どの橋も日常的に点検はしており、健全な状態は保たれている」と説明している。
 

緑区版のトップニュース最新6件

部活休養日、週2以上へ

横浜市立中

部活休養日、週2以上へ

2月15日号

混雑緩和策で6両化へ

市営地下鉄グリーンライン

混雑緩和策で6両化へ

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

セン南駅で旅券発給へ

横浜市

セン南駅で旅券発給へ

2月8日号

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月1日号

水道管凍結 区内でも多発

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

礒井純充氏が講演会

礒井純充氏が講演会

「まちライブラリー」語る

2月25日~2月25日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク