緑区版 掲載号:2012年12月13日号
  • googleplus
  • LINE

感染性胃腸炎 流行警報が発令 1カ月で3倍の患者数に

社会

 横浜市衛生研究所が12月6日に発表した感染性胃腸炎の流行を表す緑区内の数値(定点)が11月26日から12月2日の間で警報レベルに達していることがわかった。横浜市全体でも流行警報が発令されており、衛生研究所では注意を呼び掛けている。

 感染性胃腸炎は、ノロウイルスなどの感染が原因で、下痢、腹痛、吐気、嘔吐などを主症状とするもの。冬の時期に流行する疾患とされている。

 緑区内の定点を見てみると、11月5日から11日の第45週では、7・8だったものが、翌46週には、13・8、47週には19・2と、徐々に高くなり48週目に警報レベルとなる20を超える25・2となった。患者数では、45週が39人だったが、警報となった48週には、126人となっており、約3倍に増加している。

 衛生研究所によると、予防には、手洗い、便や吐物の適切な処理、次亜塩素酸を用いた消毒、食品の十分な加熱をあげている。また、吐物の処理の際、ノロウイルスが空気中に浮遊することがあるため、換気も重要としている。「乳幼児や高齢者の方がかかると、重症となることもありますので、特に注意をしてほしい」と担当者は話している。

 小学校では、独自に予防対策をしている学校もある。保健養護教諭を中心に、空気感染を防ぎ、吐物をすぐに処理できるよう、常に消毒できる体制をとっている学校もある。

インフルエンザの患者も増

 区内のインフルエンザの定点は、47週が0・33だったのに対して、48週が1・17、患者数も2人から7人となっており増加している。衛生研究所の担当者は「まだ流行しているとは言えないのでは」と話すが、これから流行期に入っていくため、「感染性胃腸炎とともに、手洗い、うがいなどの基本的なところが予防につながりますので、日頃から行い、予防に努めてほしい」としている。
 

緑区版のトップニュース最新6件

部活休養日、週2以上へ

横浜市立中

部活休養日、週2以上へ

2月15日号

混雑緩和策で6両化へ

市営地下鉄グリーンライン

混雑緩和策で6両化へ

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

セン南駅で旅券発給へ

横浜市

セン南駅で旅券発給へ

2月8日号

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月1日号

水道管凍結 区内でも多発

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

礒井純充氏が講演会

礒井純充氏が講演会

「まちライブラリー」語る

2月25日~2月25日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク