緑区版 掲載号:2013年1月31日号
  • googleplus
  • LINE

緑区インフルエンザ 警報レベルに迫る勢い 小学校2校で学年閉鎖

社会

 横浜市衛生研究所はこのほど、緑区内でインフルエンザの流行を示す数値が1月14日から20日にかけての第3週で注意報レベルに達していることを発表した。区内の数値は市内の平均値を超えており、市担当者は「過去の傾向からみて、2月上旬にかけて警報レベルに達するのではないか」と予測し注意を呼び掛けている。

 緑区内では、2012年12月17日から23日にかけてインフルエンザの流行を示す数値が1・67となり、流行期の目安となる1・00を超えた。その後は、4・33、2・40と推移してきたが、1月に入り7日から13日にかけては注意報レベルとなる10・00を超え、14日から20日にかけては23・00と急増した。これは市内の平均値22・42を上回る数値となっており、警報レベルとなる30に迫る勢いだ。

 また、25日現在、区内2つの小学校で学年閉鎖も報告されており、例年流行が収まる3月までは感染予防に注意が必要となっている。感染患者の年齢層別では、免疫力の低い10歳未満の子どもが最も多く報告されており、中でも1から2歳、4から6歳が増加している。

A香港型が主流

 全国的に流行しているウイルスはAH3亜型(A香港型)。市内で報告されているものも9割以上がA香港型で、全国と同様の傾向となっている。

 緑区医師会では「インフルエンザは諸症状としてのどの痛みや急激な発熱を訴える人が多く、そのほかにも咳や頭痛、関節痛などがあげられます。このような症状が出たら早めの受診を心掛けてください」と話す。

 また、区福祉保健課は「対策としては手洗いうがいのほか、外出を避け栄養と睡眠をしっかり取るなど規則正しい生活を送って下さい。また、予防接種は、流行期に入ってからでも遅くはありません。発症したとしても重症化を防ぎます」と話している。
 

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人 緑法人会

企業の繁栄と社会貢献を胸に、良き経営者を目指す団体です。

https://midorihoujinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6件

林市長とぬくもりトーク

カフェみなみ運営委員会

林市長とぬくもりトーク

7月26日号

例年より早い生育

区内浜なし

例年より早い生育

7月26日号

進む 時間外留守電設定

市立校

進む 時間外留守電設定

7月19日号

初の合同防犯パトロール

白山連合自治会

初の合同防犯パトロール

7月19日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

区内飲食店で地産地消

Team VerdeTHREE STARS

区内飲食店で地産地消

7月12日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「スケートで楽しい時間を」

横浜みどりLC

「スケートで楽しい時間を」

現在参加者を受付中

8月4日~8月4日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク