緑区版 掲載号:2013年3月14日号
  • googleplus
  • LINE

市歴史博物館 企画展 千歯こきのルーツを辿る 3月24日まで

仕事を効率化する千歯こき
仕事を効率化する千歯こき
 横浜市歴史博物館(都筑区中川中央1の18の1)で3月24日(日)まで、企画展「千歯こき こうして横浜へやってきた」が開催されている。

 稲や麦などの穀粒を外す時に使用された農具、千歯こき。一般的に農具に文字が記されることは少ないが、千歯こきは例外だ。市内で使われたものには「鶴見」や「戸塚」、「溝ノ口」「八王子」といったものから、「倉吉」「若狭」などの製作地の文字も見られる。今展では記された文字を頼りに、千歯こきの生まれ故郷を探り、特に遠方の製作地に焦点を当て、その行商と修理方法などを紹介する。

 観覧料・大人300円、高大学生200円、小中学生100円。午前9時から午後5時まで開館。問い合わせは【電話】045・912・7777まで。

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人 緑法人会

企業の繁栄と社会貢献を胸に、良き経営者を目指す団体です。

https://midorihoujinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

緑区版のローカルニュース最新6件

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「スケートで楽しい時間を」

横浜みどりLC

「スケートで楽しい時間を」

現在参加者を受付中

8月4日~8月4日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク