緑区版 掲載号:2013年4月18日号
  • googleplus
  • LINE

市民意識調査区別結果 防災拠点「場所わかる」6割 昨年の2倍増に

 横浜市が先ごろ発表した市民意識調査によると、緑区では、大規模災害時の避難場所となる「地域防災拠点」の場所がわかると答えた人は約6割だった。これは都筑、磯子区に次いで市内で3番目に高い数字で「防災への意識が高まっているのでは」と緑区役所担当者は話している。

 同調査は政策立案や市政運営に役立てようと、市が毎年行っているもの。調査は昨年5月から6月にかけて行われ、市内20歳以上の2314人から回答を得た。内、緑区は119人。

 調査では、災害への備えについての項目の中で、地域防災拠点を「知っているし、場所もわかる」と回答した緑区民は64・7%。昨年の34%と比べ約2倍となった。「知っているが、場所は知らない」が10・4%で、7割以上が「知っている」と答えた。

 緑区は「昨年初めて四季の森公園で防災イベントを実施するなど、広報紙や区民まつりなどで、防災拠点について啓発してきた。その効果が出ているのでは」と分析している。

 今年1月の長津田小学校での防災訓練では、例年の倍以上の参加があった。同小学校地域防災拠点運営委員会の井上俊之助委員長は、これまであまり見られなかった家族での参加があったことから、「家庭内の防災に対する意識が高くなっている」と区民の意識の変化を実感している。

 一方で「知らない」が22・7%。「場所を知らない」と合わせると約3割が避難場所を把握していない結果となった。緑区は「転居して間もない方には、パンフレットなどを通して、周知を行っていきたい」としている。

信頼感は市内トップ

 また「価値観」についての項目では、「一般的に人は信頼できる」が30・3%、「困ったときは可能な範囲で手助けをする」が39・5%でいずれも市内トップの数値だった。緑区は「隣近所や周辺の方々とのつながりは、災害時にも生きてくる。このような結果になりうれしい」と話している。

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人 緑法人会

企業の繁栄と社会貢献を胸に、良き経営者を目指す団体です。

https://midorihoujinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6件

林市長とぬくもりトーク

カフェみなみ運営委員会

林市長とぬくもりトーク

7月26日号

例年より早い生育

区内浜なし

例年より早い生育

7月26日号

進む 時間外留守電設定

市立校

進む 時間外留守電設定

7月19日号

初の合同防犯パトロール

白山連合自治会

初の合同防犯パトロール

7月19日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

区内飲食店で地産地消

Team VerdeTHREE STARS

区内飲食店で地産地消

7月12日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「スケートで楽しい時間を」

横浜みどりLC

「スケートで楽しい時間を」

現在参加者を受付中

8月4日~8月4日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク