緑区版 掲載号:2013年5月30日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市医師会の会長として会員をまとめる 古谷 正博さん 市内在住 62歳

愛着ある「ハマ」を元気に

 ○…「ハマで生まれ、ハマで育った。愛着ある横浜のために役立てるのは光栄」。郡市区の単位では全国で最大となる横浜市医師会。会員数は約3800人。その会長に4月1日付で就任した。「ずしっと、重い責任を感じる。偉そうなことは言えないが、外から求められていることは多い。市民のため、人のためにがんばりたい」。柔らかな物腰の中に、確かな熱意がこもる。

 ○…整形外科医の父を見て育つ。学生時代はラグビーに打ち込んだスポーツマン。「中学3年生のときから始めた。人数が足りないという理由で半強制的にね」と笑う。それでも大学まで続けたほど熱中した。専門とする整形外科は、ラグビーから高じたスポーツ好きと父の影響から。「ケガなどを扱う外科系がいいと思っていた」。父親の面影を追ったスポーツ少年は、生まれ育った鶴見区潮田で整形外科医院を開業した。

 ○…自院の診療に、会長としての会議や打ち合わせ、就任以降、分刻みのスケジュールが続く。医師会の会議は、診療が終わった夜から始まるため、「夕食を家で食べることが減った」。困り顔で苦笑する。日本ラグビーフットボール協会メディカル委員会の委員長も務めており、土日も多忙。「ウチにいないから妻に怒られているよ」

 ○…国が在宅での医療や福祉に転換を始めている今、「地域で受け入れる環境整備をしていかないと厳しい」と危惧する。「いろいろな職種と協力して、医療という面から地域でリーダーシップを発揮していく」。課題解決へ意気込みは十分だ。加入が義務ではない任意団体の医師会だが、会員数は増えているという。会員は、学校や保健所での健診から災害時における救護など、個別の通常業務とは別に、さまざまな仕事を掛け持つ。「医療の立場から市政との関わりも多い。ありきたりだけど、みんなで力を合わせて、市民のために活発な活動をしたい」。横浜の元気を支えていく。

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人 緑法人会

企業の繁栄と社会貢献を胸に、良き経営者を目指す団体です。

https://midorihoujinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

緑区版の人物風土記最新6件

浅井 悦男さん

横浜みどりライオンズクラブの会長に就任した

浅井 悦男さん

7月26日号

大矢 菜季(なぎ)さん

みどりアートパークで行われるアフタヌーンコンサートに出演する

大矢 菜季(なぎ)さん

7月19日号

井上 幸治さん

横浜緑ロータリークラブの会長に就任した

井上 幸治さん

7月5日号

葉 京香さん

第52回手工芸作品展(工芸の部)で内閣総理大臣賞を受賞した

葉 京香さん

6月28日号

佐藤 チヨ子さん

夕どきサロン鴨居など数々の地域行事で料理を振る舞う

佐藤 チヨ子さん

6月21日号

杉崎 勇さん

「第20回リリーピッキン・パーティ」の実行委員長を務める

杉崎 勇さん

6月14日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「スケートで楽しい時間を」

横浜みどりLC

「スケートで楽しい時間を」

現在参加者を受付中

8月4日~8月4日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク